明日入試のために、コロナ禍の都会にきました。不安から、娘はすでにお腹を下し始めました。
明日、不登校から一年半ぶりに教室に入ります。教室に入る不安から、
頑なに拒否していた診療内科に受診し、抗不安薬を飲みながら今日を迎えました。

塾の先生、夫を含めた親族一同、友人は、
一人暮らしで大学いっても辞めるか、遊びほうける、
しょーもない大学行っても、就職なんかない、
と反対。
反対意見を全てシャットアウトして、突き進んできました。

昨夜は唯一のリアル友が激励の電話をくれ、その友達の志望校は、かつての娘の志望校でした。前籍校の友人達は、指定校で、難関大学の推薦をもらってました。

娘はこの一年半、ほぼノー勉、学校も塾も殆どいかず、引きこもり、推し活に全てのエネルギーを注いでいました。
志望校は、推し活を楽しむ延長線です。
小論文も面接も、まだ完成せず、昨日から必死になってます。やっとです…必死になる娘を久しぶりにみました。普通の時間に起床するのも、久しぶりにみました。
今朝は単語帳片手に勉強する学生さんを沢山みました。

不登校になってなかったら、知らなかった大学です。当初の予定からだいぶ外れました。

だけど、やっと、ここまできたね、頑張ったね、と昨日、心から言えました。
かつての仲間達の話を聞いても、ふーん、ってなりました。
娘が、自分で決め、進もうとしているなら、全力で応援したい。

私の過保護過干渉から遠ざけるため、希望どおり家からだそう。
我儘放題だと夫は言うけど、娘がやりたいことをさせてあげたい。
もう一度、青春させてあげたい。
娘の力を信じたい。

明日、教室に入れるのか?入れなければ、合格しなければ、人生に再び絶望して、引きこもるのではないか?
勉強に迎えない娘は、今日受からなければ、一般入試なんて、無理だろう。
また、大学行けても、通えないのではないか?
大学行けても、就職なんて、ないんではないか?
考えなくても良い不安が波のように押し寄せてきて、ずっと気分が悪い。

娘の隣でガツガツご飯を食べて、大丈夫よー、大丈夫よー、
みんな冷やかしよー?
って言いながら、頑張って支えながら、倒れそう。
そう言えば、中学受験の時も、気分悪かったなあ。あの時娘は、自分も不安なのに、周りの友達を必死に力付けていたなあ。
そうやって、周りのサポートをして、疲れたんだなあ。
これからは、自分の気持ちを大事にさせてくれる仲間に会えたら良いなあ。

昨日から走馬灯のように、色々思い出してしまう。

いまだ、辛い日々を過ごす人もいるなか、こんな投稿、ごめんなさい。
ご気分悪くさせたらごめんなさい。

明日、そして、これからも、娘を支え、唯一無二の味方になれますように。

  • 32
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら