おはようございます。
皆さん色々ありながらも頑張っていらっしゃいますね。
私も…って励まされます。

ご報告、遅くなりましたが
息子、決断しました。
欠課オーバーになる前日のことでした。

あれだけ「学校も友達も好き、辞めたくない、あきらめたくない」と言い続けた息子。最近は「どうしたらいいかわからない」と悩み続けた息子。
でも、決断の言葉は「あきらめる」とか「もう無理だから」とかではなく「学校辞めたい」でした。
反対する理由は何もありません。
苦しかったね、辛かったね、でもよく頑張ったね。
何だか卒業を祝う時のような気持ちでした。
そんな事を思っていたら、息子も「なんか卒業式の前の日の様な不思議な気分」なんて言ったのでびっくりしました。

1番初めに体調不良を訴えてからはもう2年近くになります。
長かったです…。

学校は時数が切れてもなお、何とか卒業証書をと色々な救済措置を考えて下さっていたようですが、息子はそれでもやっぱりこの先も行けないだろうと気づいたのだと思います。

そして「そこまでして卒業証書もらっても、全然勉強もしてないんだし、自分にとって価値はない」「高校中退したけどここまで頑張ってきましたって、将来言えたらかっこいいよね、面白い人生だよね」と。
本音が2割、強がり8割といったところでしょうか?

それから2週間。
息子も私も、まだなかなかスッキリとはいかず、本当にこれで良かったのだろうか…?と迷いながら、上がったり下がったり。
学校の手続きはまだなので、その時はまた色々な思いがくるんだろうなあ。
ちょっと気が重いです。

でも先日は、秋晴れの日に珍しく午前中に起きてきた息子を誘って少し遠くへドライブに行ってきました。
寝たいだけ寝て、起きたい時に起きて、のんびり過ごしています。

ここまで2年間の色々な思い
高校生ではなくなる息子の毎日への迷い
全く見えないこの先への不安

吐き出したい事は沢山あるのですが、長くなってしまったので今日のところはこのへんで…。
また、近いうち呟かせてもらいますね。

  • 4
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら