ひかり様

コメントありがとうございます!

「自分の気持ちを深掘りする」
はっとするようなコメントでした。

改めて考えてみました。
9割方、子どもの気持ちを尊重する、と思っていたのに、残り1割で、個人写真を載せたいと思ってしまうのはなぜか。

「存在がなくなるようで、同級生から忘れられそうで」と言いながら、それも建前で、多分、私はうちの子も学校に行けていた小学生の一員だった、という事実を作りたいのだと思います。やはりどこかで、行けていない事を認めたくないんだな、と。

でも、9割で尊重したいのはなぜか。
うちの子は、行けなくなった当初、「なんでこんな事(行けなくなった)になったんだよ。こんな風になるなんて思ってなかったよ」と泣きました。当初は、マイナス思考全開で覇気もありませんでした。今は「つまらない」を連呼しながらも、毎日ゲームスマホ三昧の中、物欲が出てきたり、テレビ見て笑う元気が出てきたり、少ーしずつ変わってきていると思います。中学も行かない宣言しています。それでもタブレットで学校と少し接点を持つだけで、顔面蒼白になるということは、まだまだ学校へ行けない自分を受け入れられないんだと思います。
そんな気持ちでいるのに、「個人写真だけでも写らない?」というのは、「やっぱり学校へ行っているあなたであって欲しかった」と伝える事になる気がします。子どもを否定する事になる気がします。
行けない後ろめたさ、苦しさがある中、自分でいらないと決断したのであれば、それを応援し、「あなたの考えでいいと思うよ」と後押しするのが親としてやる事なのかな、と改めて思いました。

とはいえ、いくらでもいい事は言えるので、また不安がぶり返し迷ったりすると思います。それでも少し気持ちを整理できた気がします。

すごく親身にコメントくださり、ありがとうございました。

  • 3
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら