あー。落ち込みとざわつきが半端ない・・・。

相変わらず背中をさすってと言われてさすりはじめた矢先に、首と背中の境目に6本の切り傷・・・。

・・・もう首に近いところを切るのはダメだ、限界だと思って、本人に切り込みました。

切りたくなる気持ちを、わかりたい、助けたい。
切ることを責めたり怒ったりもしないし、そのままのあなたで、気持ちを聞けるなら聞きたいと。

結果的には明らかな傷があるのにも関わらず、自分は切っていないと否定し、いろいろそういうこといわれるほうが嫌だと突っぱねられました。

実は最近本人が少し動き始めたんです。
ここ2年ほど学校や勉強の話は2回しただけで学校情報を一切遮断し、高校や進路は本人が言うまで何年でも待つ気でいたところ、
先日『近くの通信制の高校に行こうと思っているんだけどあるかな?』と言い出したんです。
あまりに唐突でびっくりして、高校とか考えてたんだ?と聞くと『当たり前じゃん、とっくに考えていたわ』と言ったのです。

(夫と二人でやっとだね、待ってよかったねと陰で思わず感涙しました)

その時はあまり前のめりでぐいぐい行くのはさけて、無理せずに一緒に考えようねと本人とも明るくやりとりしたばかり。

それから一週間後の昨晩にボディカット・・・。
いろいろな不安、葛藤が出て来たのかな?とかいろいろ考えても本人はかたくなに何も言わない・・・

最近昼間は私の部屋で過ごすことが多く雑談し、時には私のダブルベッドで寝落ちするほど距離感は近かったのに(これはこれで孤独で寂しいの裏返しなのか)。

唯一のさすってコールも小休止で、私から離れるように自室にこもりました。

これがこの先どのようになるのかわかりません。
ボディカットがエスカレートするかもしれないし、しないかもしれない。
関係性がゼロ、いやマイナスになって振り出しになってしまうかもしれない。

多分、家は切ることの抑止力にもならなくて、罪悪感を増やさせるだけだったように思います。
でも云わずにはいられない危険な場所を切っていて見過ごすことはできませんでした。

なんとか気持ちを吐き出させようとか、切るのをやめさせる何かを今、何も持っていません。すぐに自傷はおさまらないのもわかっています。

切ったあとのリカバリーのために何時間も体さするしか今の私にはないです。
これからどう息子が考えていくか、それこそ見守るしかないと思っています。

なんだかまとまりなく長々となりすみません。

しかもふうさんの今のまま見守るべきか否かの返信にも参考になることもなく、すみません。
私も揺れ惑っています。

  • 16
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら
keyboard_arrow_up