しーさん
こんばんは。

しーさんの気持ち、痛いほどよくわかります(TдT)!!

約一年前の息子が、まさにそのような感じでした。
現在中2の息子は、中1の夏休み前から行き渋り、そのまま完全不登校になりました。

当初の学校へ行けない理由は、
部活の顧問の先生と合わなかったから…なのですが、

それを解決しても学校へは行けませんでした。。。

色々と理由を探して、解決して…

行けないなら、学校に代わる場所に行ってほしい。
…色々動きました、私が(^_^;)

でも、私が息子をどうにかしようとすればするほど、
息子は昼夜逆転になり、終日リビング生活となり、会話もなくなりました。

今思い返すと、その頃が一番キツかったです。
きっと、息子もそうじゃないかな…

きっかけは顧問の先生との関係だけど、多分少しずつ少しずつ不登校の種は成長していたんだと思います。

これは私の憶測でしかないんですが、

しーさんのお子さんが『宿題が終わってないから…』と言ったのは、もしかしたらいっぱいある理由の内の一つだったのかもしれないですね。

お子さん本人も、なんで学校に行けないのかよくわかっていないのかもしれません。

完全不登校になって約一年になる息子は、ようやくエネルギーが少し貯まったのか、素直に通院(ADHDと起立性調節障害)し、新担任の先生とも会い、SSWさんの家庭訪問にも応じて、最近では私の義弟のところで仕事のお手伝いをするようになりました。

ここまで長かったですし、この先もきっと長いんだろうな…って思います(^_^;)
うちは、その下に行き渋り中の娘もいて(苦笑)

もしかすると、しーさんが
お子さんを何とかしなくちゃ!という思いを手放すことが出来れば
しーさんの心は少しラクになるのかな?と思いました。

なんのアドバイスにもならなくてすみません😖

  • 9
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら
keyboard_arrow_up