はじめまして。
心から娘さんのことを大事にしていらっしゃることが伝わってきました。
いなくなて欲しいという言葉も、蒼空さんの心の奥底こそ、本当に辛くて苦しくて、これ以上娘さんにどうやって行けば良いのか分からなくて・・・という叫びに聞こえました。

中学3年だと、どうしても進路のことが頭を占めますよね。
親がゆっくり休めば良い、高校のことは元気になってから考えたら良いと思っても、本人は不安で不安で苦しくて、だから、そこからの回避行動が、青空さんのおっしゃる「問題行動」になっているのではないかなと思いました。
そして、娘さん、おそらくとても敏感なのではないでしょうか?
本能で、お母さんが一番嫌がることをしてしまっているような気がして・・・「試し行動」が入っているように思えたんです。
お母さんが一番嫌がることをしても本当に受け入れてくれるのか、と。

そして、妹さんは学校に行っているので、無意識に、毎日登校刺激を受けて、自分を責めているような気がします。学校の先生からの家庭訪問やノートも、今は辛いだけになっているかもしれません。

状態が良い時もあるのなら、良い時に、ありのままのあなたが大好きだよ、ということを、少しずつ伝えていくしかないように思います。
そして、今まで娘さんのために動いてきたと思うのですが、しばらくそれもストップしてみませんか?
「子供のため」と思うと、お子さんが自分の期待通りに動かなかった時に、どうしてもイライラしてしまいます。
「自分がしたいからする」スタンスなら、たとえそれが無駄になっても、自分がやりたくてやったんだから、と思えます。
高校も気になると思いますが、その気になれば、いつでも、どんな時からも道は見つけることができます。
あまり高校のことをいうと、「学校にいかないでいいと言ってても、やっぱり高校には行って欲しいと思っている。学校に行ってない自分をダメだと思っている」と、深読みしてしまいます。
それはお子さん自身が「高校に行きたい」と思ってても、また別なんですよ。ややこしいことに。^^;

高校は、娘さんに内緒で、青空さんが情報を集めるくらいで良いと思います。
ただ期限があることだから、それが迫った時にだけ、事実として伝えれば良いと思います。
「私立に行きたいならこの日までが願書の締め切りだからね」と言うふうに。ただ、言った言わないのやりとりになることがあるので、紙に書いてメモとしておいておくのも良いと思います。

母としての愛情が娘さんに伝わらず、本当に苦しいと思います。
でも、本心んでは娘さんには伝わってると思うんです。
時間はかかると思いますが、辛い時は逃げて、ご自分の心を守ってくださいね。子供たちだけに心をささげすぎませんよう・・・・。
長くなってすみません。

ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら