【普通は…】の呪縛を解き放つ魔法の言葉

息子が高校に行かなくなって…私を最も(?)苦しめた言葉が【普通は…】でした。自分自身そう思い、人からそう言われ、相手にそう求め…思えば日々『普通は…』って思ったり使ったりしていました。息子が不登校になって改めてこの言葉と向き合い、この無意識に使っている【普通は…】の呪縛にかかっていました。

お読みいただいているお母様もこの【普通は…】に苦しんでいませんか?
今回は、この【普通は…】について一緒に考えてみましょう♡

◆目次
1.【普通は…】って思うとき
2.【普通は…】って言われるとき
3.【普通は…】ってなんだろう
4.【普通は…】の呪縛を解き放つ魔法の言葉
5.最後に…

【普通は…】って思うとき

子どもが学校に行かなくなって…毎日毎日家に居る息子に対して『普通は学校に行くのにどうして』と思いませんか?
学校に行くことを半ば諦め(認めると言った方がかっこいいですが、当時の私は諦めたが本音です)自宅で過ごす息子に『高校生が…何してるんだろう』『普通友達と一番楽しい時期だよね』『普通彼女とかできて一番ウキウキする頃じゃないの?』『一生で一度の高校の体育祭!泣いたり笑ったりして普通…これが青春だよね!』私の頭は『普通は…普通は…』と一日動かずゲームばかりする息子を情けない気持ちでいっぱいでみていました。

今まで自分が歩んできた道と違う事、これから想像していた高校生の母としての毎日と違う事。今まで見たことのない姿、今まで感じたことのない悲しさ、情けなさ…思ってたのと違う…みんなと違う…普通と違う…頭の中でこの子はおかしい…どうしてしまったんだ?なんとかもとの姿に戻さなければ…なんとか普通に戻さなければと苦しい毎日でした

【普通は…】って言われるとき

それと同じように、「普通は…」と言われる日々がやってきます。私達が自分の子供に思う様に、周りからも同じように思われ言われます…「普通は学校に行くのにね」って。

ママ友、子どもの祖父母、ご近所さん、職場の同僚から、学校に行っていない子どもを持つ私達親も「普通じゃない」目でみられます。時には「あなたの育て方が悪い」と怒られ、時には「学校になんか行かなくてもいいよ」慰められ、それでもその目は「普通は学校に行っているのにね…どうしたんだろうね…可哀そうにね…」そんな風に見られます。上辺だけの言葉に辟易して…余計に動かない我が子へのいら立ちがつのったものでした。

【普通は…】ってなんだろう

普通って…なんでしょうね。当たり前のように使っているこの言葉。この【普通】にこんなに苦しめられるとは思っていませんでした。

普通は…ってなんだろう。そういえば…小学校入学前、子供たちとランドセルを買いに行った時…女の子は普通赤いランドセルだよね。男の子は普通黒のランドセルだよね。と無意識に思っていました。私は息子がピンクでもいい。娘が黒でもいいなんて少しも考えませんでした。でも最近の子供たちは性別に関係なく様々な色のランドセルを使っています。

私の普通と思っていた色じゃない。男の子がピンクでもいいんだ。女の子が黒でもいいんだ。だったら…私が息子に対して思っている【普通】ってなんだろうって考えてみました。

普通はね…そう使っている時に私の頭にある言葉は【みんなそうなのに…】でした。みなさんにとっていかがでしょう?みんな学校に行っているのに。みんな友達と楽しそうなのに。みんな頑張っているのに。みんなそうなのに…の思いで【普通】って使っていました(います)。

みんな…みんな…そう思った時に…本当にみんな(全員)そうなのかな。そんな思いも出てきました。

【普通は…】の呪縛を解き放つ魔法の言葉

普通は…普通は…そうグルグルと苦しんでいた時、あることに気が付いたんです^^

普通はっていうけれど…それは【みんな】ではないんです。そしてそれは【絶対】ではないんです。

普通は学校に行くよね…だけどそれは絶対じゃなくていいんです。普通は頑張るよね。だけどそれは絶対じゃなくていいんです^^

これって負け惜しみでもないし、自分の考えを曲げるものでもなく、言い聞かせているわけでもないんですね。理解できないのに理解しようとすると、その事に苦しくなったり、そう思えない自分がダメだと悩んだりしてしまいます。

そんなことないんです^^自分が心に思った感情を抑え込む必要はありません^^そう思った。それでいいんです。そしてその後にこう付け加えてください【だけど絶対じゃなくていい】って♡

これからね…この【普通は】に苦しめられた時はそう思う事に苦しまず、だけどそれは絶対じゃなくていい!と心で付け足す癖をつけてみてください^^

普通はね…学校いくよね…だけどそれは絶対じゃなくていい。

最後に…

この苦しめられた【普通は】って意外と自分も周りの人に対して使っていました。職場やママ友同士でも…。「普通はこの仕事終わってお昼入るよね。」とか…「普通はお世話になったらお礼の連絡入れるよね…」とかね。モラルや常識的にそうした方がいいことってあると思うのですが、それってやっぱり絶対ではなくて。その人その人の考え方だろうし、生き方だろうし…と思えるようになりました。それでもやっぱり…普通はね…って思う事ありますけどね(^_-)-☆

そんな私も私は好きです^^
なんでも絶対じゃなくてよくて。なんで普通じゃなくていいみたいです^^
一緒にゆっくり頑張りましょうね。

未来はくるくるみんなにくるくるyukiでした

不登校生の親の気持ちを集めたアンケート結果を公開中!

未来地図では、たくさんの保護者方の声を集めた『不登校生の親の気持ちアンケート』の回答を公開しています。共感、納得できるだけでなく、さまざまな場面で参考になる内容ですので、ぜひご覧いただけると嬉しいです(*´`)

アンケート回答結果はこちら