ヘンテコリン

カテゴリー 絵本
紹介者
紹介文

いつも大きな恐竜たちにいじめられている、「ヘンテコリン」が主人公。

体も小さいし、何もできないし、弱いと思われてきたけど・・・実は誰よりも強く、優しい心を持っているヘンテコリン。

作者の東田直樹さんは、重度自閉症の方で、自分の口で思いを伝えることはできませんが、パソコンを使えばこのような素晴らしい絵本や本を書くことができます。

話せないけど、頭の中にはこんな豊かな世界が広がっていて、それはきっとどの子もそうなんだなと思わせてくれる絵本です。