夏休み最後の夜に(2022年version)

夏休み明けの初日は、とても勇気が要る日…親子ともに💦
夏休み明けは、たくさんのストレスが高まります…
子どもが亡くなることが多いんです

眠れない夜をすごしている、あなたへのメッセージ

わたしの言葉に響く方もいるけど
「あなた」の言葉が響く方きっともいる
言の葉は、お守りとして
ゆっくりでも浸透してもらえれば、うれしい

★2020年versionは、こちらから
★2021年versionは、こちらから

ひと言メッセージ

学校に行きにくい・しんどいと感じる
子どもたちに向けて…
もしくは、育児中の悩めるパパママたちに向けて…

わたし一人の言葉だけではなく
皆さまのお力をお借りました

本当にココロがこもった文章をありがとうございます!
今回は、絵の募集もいたしました
言葉に書ききれない、そんな想いを表現してもらって
本当に感謝の気持ちでいっぱいです

各市町村で夏休みの日程がバラバラです。
そこで、8月15日を夏休み明けと仮設定し
29人の方にご協力いただきました

毎年、夏休みの最終夜をせつない気持ちで
むかえるヒトがいる
夏を迎えるたびに思い出す

毎年、この日を忘れない…

たったひと言が「だれかの」ココロを揺れ動かす
そう信じて…少しでもだれかの気持ちが和らぐきっかけになれば…と願っています

むきだしの想いをそのまま、まとめました

掲載は申込順・敬称は省略しております

りょう育ママからのメッセージ

あなたが生きていることが
「当たり前」となっていた
たいせつなことに気づくのが、おくれる

産まれたときに
思った気持ちが
わたしにとっての真実

「しんどい想いをかわってあげたい」
「生きてきてくれて、ありがとう」

匿名

学校に行きたくないって
とても素直な気持ちだと思います

正直、大人の私は
もう絶対学校に行きたいくないですよ

そんな私でも
私は不登校の子の母ですが
子どもが学校にいかない選択に
最初は焦って、なんとか学校に行ってほしいって
思ってしまいました

なので
最初は大抵の親はみんなの学校に行かない選択を責めるかもしれないね

でもね、だんだんわかってくれるはずだよ

学校が一番大切なことではない
成績、部活、習い事、
どんなこともすべてみんなが本当に
やりたいことであるかどうかのほうがずっと大事だし

命と引き換えにするものは
どこにもないよ

一人でもいいので自分の気持ちを
言える人をみつけてみてほしいな

子供の頃、今すぐに消えてしまいたいと、何度も思った。
自分のお葬式を想像して、誰か1人でも泣いてくれるのかな、なんて、毎晩のように考えていた時期もあった。

自分の力では、どうしようもないことが、残念ながら確かにある。
でも、嵐は過ぎることもあるし、生きていてよかったな、と思えるようになった。

今のあなたの痛みや辛さは、どうしたって代わってあげることができないけれど、
時には残酷に聞こえるかもしれないけれど、それでもやっぱり生きていて欲しいと思う。

今日も頑張って、生きていてくれてありがとう。
もう少し、もう少し先まで、どうか生きてみて欲しい。

おたんびー

死ぬくらいなら逃げろ!

かずちゃん

人生には、三つの坂があります!
「上り坂、下り坂、まさか!!」
まさか、こんなはずじゃなかった!
と後悔ばかりかもしれない。

でも、諦めないで!自分を責めないで!
これから、いろんな事を経験して行く
君たち、どうか命を大切にしてください。

今辛いかもしれないけど、
ちょっと顔を上げて、空を見上げて!

今日の空の色は何色かな?

日によって色や雲の量、全く違うよね?
自然って不思議。
それから、大きく深呼吸してみよう!
どう、ちょっと落ち着いたでしょう!

人生の主役は自分。
自分のワクワクすること沢山見つけて
素敵なストーリーを作って行こう!
応援してるよ!

iko

綺麗に咲いても
自由に羽ばたいても
応援してるよ!

苦しい時はひと休み!

風花

生きていたくない…

苦しいよね 辛いよね
悲しいよね 悔しいよね

何もできなくて
ごめんなさい

とりあえず何も考えないで
美味しいものを食べて
ゆっくり休んで下さいね

今 目の前にいる人が
周りにいる人が
分かってくれなくても
どこかにきっと分かってくれる人が
きっといます

消えたくなったら
とりあえずゆっくり眠って下さいね
美味しいものを食べて下さいね
好きなことをして下さいね

大切なジブンだから…
いつかきっと心から笑える日がくるから

匿名

中学に行かなくても
勉強しなくても
高校行けたよ!

深刻にならないで!
道はいくらでもある
自分で選んでいこう

のりちゃん

学校行かなくても大丈夫!
大人になったら、いろんな道があるよ!

学校で教えてくれない、
ほんとうに大切なこともたくさんあるの。
学校という狭い世界がすべてじゃないから、
絶対、あなたがあなたらしく生きられる世界があるよ。

生まれてきてくれて、ありがとう!!!
生きていてくれて、ありがとう!!!

ひだまり

私も子供の頃は違和感みたいなものがたくさんあって、でも違和感がなんなのかも分からない…
まだ、子供だったからね
生きずらいと感じることも沢山あった

今は何が苦しいのか分からなくても大丈夫だよ
イメージしてみて、あなたが生きたい世界を
自分を好きになって
親だって人間全てが正しいわけじゃない!

ダメな親だってたくさんいるのよ
私だってダメ親だけど、子供を愛する気持ちは誰にも負けない✨
だから、反抗しても、ワガママ言っても生きていて欲しい
あなたの笑顔が見られたらそれでいいのよ親はね
親のことなんか気にしないで、あなたのことだけを大切にしてください

はる

今日も、今日という一日を、過ごしてくれてありがとう。
楽しくなくてもいい、
キラキラしていなくてもいい、
思い描いた自分になれなくてもがいているあなたが、
なりたい自分に向かって悩み続けているあなたが、
こうして存在していることが、何より尊いと私は思います。

ゆうこ

どうか生きて欲しい。
生きてるだけであなたの大切な人が救われます。

楽しかった事を思い出して。
自ら命をたつために生まれてきたのではないですよ。
自分の好きな事を楽しむために生まれてきたのですから探してください、ご自身の好きな事を。

どうか生きてください!

カールかあさん

2年前
コロナ休校のせいで夏休みは2週間しかありませんでした。
その夏休みが終わり学校が始まる朝、息子とバトルしました。
2年前のこの企画に、一緒に休んでテレビで甲子園見て応援しない!?ってメッセージ送ったのに、結局息子とバトルしてしまった。
バトルのきっかけは思い出せないのに、苦しそうな息子と辛かった学校とのやりとりは今も忘れません。

そんなツラい夏休み明けだったけど、その少し後にネットである北海道の高校を知り、8月の終わりに「その高校に行ってみたい」と言い出しで10月に飛行機に乗って見学に行きました。
そしてこの春息子はその高校に入学しました。寮に入り自分で起きて洗濯もして元気にやっています。

ドン底の時はこの闇がずっと続く気持ちになってしまうかもしれない。
だけど、何とか今を今日をやり過ごしてほしいです。
その後にはどんな出会いがあるかどんなできごとがあるかわからないのだから

ともみ

『それだけ苦しいんだ』
『誰かにわかってほしい』

つらいとき誰でも持ってしまう気持ち。

近くにいても側で気持ちを聴くことしか出来ない。。

本当は知りたくないし、聴きたくない、ネガティブな思い。
正直、怖い。

でも、目を見つめて、手を握って
大丈夫だから、、と伝えたい。

サザエさん

はじめまして
貴方より少し経験をしてきたおばちゃんから、今、苦しんでいる貴方へ

おばちゃんは、無理に学校へ行って、心が壊れた経験をした事があります。

あの時、誰か、おばちゃんの気持ちを分かってくれる人がいたら、あの時、あの時…っと今でも時々思い出しますが…

おばちゃん、今、しあわせに暮らしています。

どうぞどうぞ貴方のその大切な命を
どうぞどうぞ貴方の一番の味方である貴方自身を

生きることをあきらめないでいて欲しい…

ゆりごん

自分のココロに素直になっていいよ。
学校に行かない選択も立派な決断!
決してまわりと比べず、充電期間だと思ってゆっくり過ごしたらいいんだよ。
行かないことは後ろめたい事でもないよ。長い人生少し遠まわりしても大丈夫!
生きていたらなんとかなるからね。

【ご家族へ】

不登校を受け入れるのはパワーが要りますよね。お子さんは親御さんを悲しませたくないと、ギリギリのところまで頑張ってきたんだと思います。
『行かない決断』も立派な選択!

わが家の息子は小1の9月から5年半、筋金入りの不登校児でした。最初の2年位は何もかもが模索状態…頭で理解しようとしてもココロが追いつかない焦りで、おかしくなりそうでした。

息子はゲームに明け暮れる日々でしたが『現実逃避できる時間』と割りきり、ココロに余裕のある時は自然の多い場所へドライブに行ってました。
中学は本人の意思で凸凹の子を受け入れる少人数制の学校へ。先生方がどんな子も温かく受け入れて下さってありがたかったです。
今は趣味の釣りが勉強できる専門学校へ。
徒歩15分の学校に行けなかった小学生は、今、片道2時間かけて通学しています。
息子曰く『あの充電期間が無かったら今の自分は存在しなかった』と。

紆余曲折ありましたが『子どもの可能性を信じて待つ』
とても大変なことですが、親御さんもいっぱい息抜きしてくださいね♪

けいこ

私の子供は今大学生ですが、小6と中1の9月に学校に行くのをやめました。
(小学卒業式から中学入学式後に少しは通っていました)
親の私にとっても、今思い出しても
涙が溢れそうになるぐらい2学期始まる前後は辛い時期でした。

今思うと、そんな辛い思いをしてまで
学校に行く必要はないです。
中学校をほとんどお休みしても、
本人が行きたくなったら高校も大学も
行けるし、高校や大学に行かなくても
いろんな人生の選択肢があるよ!

狭い教室の人間関係が全てじゃないし
合わないなら、逃げても休んでもいいよ!休むことによって新しい世界が
見えてくるから。

まり

逃げていい。
そんなに辛いんだもん、目の前の現実から逃げていい。

本当によく頑張ったね。
少し、休もう。
人生長いよ。だから、休みながらで全然大丈夫!!

あなたが今直面してる「現実の世界」は本当に狭くて。生まれた地域や家族や学校や友達って感じだと思う。

でもね、世界は本当に広くて。
常識なんて、それぞれだから。
ぶっ飛んでる楽しい事や人がたくさんいるよ。同じ日本にも、隣の隣の隣の県にはいるかもしれない。
あなたの理解者が。
親友が。
いるかもしれない。

だから、もう少しだけ希望をすてないで。
今は、じっと冬籠のように過ごすだけでいいから。それが、あなたを充電させるから。必要な事なんだよ。

自分の中で「春」の準備ができたら、
その時、動き出せばいいのだから。
その時の景色は、きっと今と違うよ。

Kun

大切な人が、ここにいること、
当たり前すぎて、忘れそうになる

『生まれてきてくれてありがとう』
『ここに居てくれてありがとう』
『生きてくれてありがとう』

生きてる方が辛い時もあるよね
それでもやっぱり居てほしい

もう少しだけ…あと少しだけ…
その気持ちを重ねて…
今日、明日を重ねて いこう
生きていこう

といろ

クレヨンしんちゃん
野原ひろしの言葉

「後悔するのは選ぶ自由があったから。
面倒臭がるのはやりたいことが沢山あるから。
寂しくなるのは大切な人がいるから。
悔しく思うのは自分に誇りがあるから。
言いたいことが口から出ないのは想いで詰まっているから。」

共感したからシェアしたよ!

うん!そのままでいい

あなたのままで

そこにいて!!

ポム

学校に行けなくても、全然悪いことでもないし、お先真っ暗でもないし、一生涯引きこもりになってしまうわけでもないんです。

行きたくないけれど、行かなくちゃと、SOSも出せず、苦しい気持ちを誰にも言えず一人で抱えている子供たちがなんと多いことか

親御さんにお願いしたいこと

どんな小さな変化も見逃さないでほしい
見ないふりもしないでほしい

どんなに忙しい朝でも、ぎゅっとやさしく抱き締めてあげてほしい

そして、「いつでもいいから帰っておいで」
「無理をして行かなくてもいいんだよ」
と、勇気をもって言ってほしい

子供は、お母さんからのその言葉を一番待っているのかもしれません

最後に、もう一度
学校に行けなくても、全然悪いことでもないし、人生真っ暗でもないのです!

ねこmimi

今、辛い思いをしているあなたへ。

辛いよね。苦しいよね。
学校は命を削ってまで行かなくていいんだよ。
学校に行くことよりも
あなたが元気でいてくれることが一番大事。食べて、寝て、笑えることの方が大事。
あなたがあなたらしくいられることが大事。

私はもっと早くこのことに気付いて、娘に言ってあげることができたら、と今でも思います。

娘と同じ思いを抱えている子達がいると思うと胸が詰まる思いです。

辛かったら逃げていいんだよ。
逃げることは恥ずかしいことじゃない。命を守る尊い行動だよ。

まひろ

私が息子に
「今まで生き続けてくれてありがとう」と言えたのは
息子が不登校になって、8年目の高3の時でした。

もっと早く言ってあげれればよかった…。

現在、新社会人として独り立ちしている彼ですが
いまだにあの頃の未熟な自分が悔やまれます。

私が今、苦しい想いをしているあなたに
こんなことを言ったところで
何の力にもなれないかもしれないけれど
どうか言わせてください

生きていてくれてありがとう
もうこれ以上我慢せず
苦しいところからは、どうか逃げてください

そして今この時を
どうかどうか、生き続けてほしい

そしてどうか思い出してほしい
あなたは世界中のすべてから愛されているのだということを…!

しーほ

明日がくるのが怖くって
目が覚めるのがイヤで
眠るのが怖かった日々が
私にもあります。

でも、それでも。

生きてきたから今がある。

生きていれば、
未来だけじゃなく過去も変わる。

だから、生きてほしいです。

考えるのはあとにして
まずは休もう。

あなたの気持ちを
あなたの苦しさを
あなたのもどかしさを
あなたの悔しさを
あなたの勇気を
あなたの決断を

全部受け入れられる日が
きっとくるから。

あなたに、生きていてほしいです。
そんなあなたに、
会いたいです。

新宿御苑

生きててくれてありがとう
生まれてきてくれてありがとう

頑張らなくていい
ただそこにいるだけでいい

わたしも学校嫌だった
味方になってくれる大人が誰一人いなかった
いつだってあっちの世界へ行きたかった

だけど
いま40才を過ぎて
必死に生きてきて
自分に嘘つかないで生きてきて
大好きだといってくれる
友だちがいて
色々あるけど
大好きな自分の子どもたち、大切な夫
という
家族とくらし
こころから笑顔の日を暮らせてる

選ぶことはできる
いつだってかえることはできる
日々の中にある
しあわせをあつめていってみてほしい
やな事から
ゆうきをもって逃げてほしい

あたなをこころから大切にしてくれる人に
絶対であえるから
あなたがそれを心から望み
描き、生きてさえいてくれれば

ちびちび

読んでくれた君へ

今、生きていてくれて良かった!
君は君でしかない!君は君のままで良し!君は唯一無二なんだ!
逃げることも、立ち止まることも
生きる力があるからできるんだって思う!素晴らしい!

だから、どうか生き続けてください…

あーる

行けない、
会いたくない
身体が動けない

行きたくないよね…
うちの娘もそう
学校に行かなくてもいい
大丈夫だから

頑張りすぎて抱え込まないでほしい

先のことなんて考えないで…
色々心配しないで…
今は休むことから始めてほしい
今は1番に自分を大切にしてほしい

びすこ

今、学校へ行くことで頭がいっぱいのあなたへ

苦しいよね。でも…

人生のうちで「学校」の期間って、ほんとにいっときなんだよ。
「逃げる」と思うか思わないかそれは自由だけど、そのいっときをやり過ごすのだって悪くない。

これからは、あなたのような人が輝ける時代になっていくはず。
だから、今はさなぎでその時が来るのを待っていて。

学校へ行くのも行かないのも、あなたの権利。
あなたは自分で決めていい。

そしてやっぱり、生きてみないとわからないこともたくさんあるから…
生きて。諦めずに。

カラコロ

学校に行くのがイヤだと言えたら、きっと気持ちが少し楽になるかもしれない。

そして、

「じゃあ、休もうか!」って言ってもらえたら、もっと安心できるんじゃないかな。

「ここにいて、いいんだよ。」と言ってくれる人。

「ここにいて、いいんだ!」と思える場所をひろげたい。

ひと言では、つまりきらないたくさんの想いを
本当にありがとうございました
皆さまの文章を読んで…わたしがいやされました
夜から朝になるまでの時間が
つらい
しんどい
あなたへ
やさしさがつまった文章を読んで
朝を迎えてみませんか?
朝になったときのことは
朝に考えよう
  • 12
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるSNSはじめました。

未来地図の公式SNSでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

keyboard_arrow_up