「学校に行って欲しい」って想いを、捨てられないあなたへ

こんにちは。

「学校に行って欲しいって思ってたら」
「元気になって欲しいって思ってたら」

子どもの回復が遅れるから、その思いを早く手放さなきゃいけない。

 

そんなことを聞いたこと、ありませんか?

私もね、似たようなことを、ブログに書いたことがあると思うんです。
ほんとはね、もっと根っこの部分を伝えたい思いがあったんやけど・・・難しいね💦

でもね、確かにそうかもしれないけれど、そう思えないから苦しんでる・・・。そんな方も多いのではないでしょうか?

 

確かに、究極には、今の現状、ありのままを受け入れてくれた方が、子どももラクだし、何よりママやパパもラク。

親からのプレッシャーもなくなって、子どもの回復も早くなるかもしれません。

でもね、そう思えないから、苦しい思いをしてるんですよね?

 

「ありのまま」を受け入れる前に・・・

まず、お子さんの「ありのまま」を受け入れる前に、ママやパパご自身の、ありのままの気持ちを受け入れてあげてください。

「学校に行って欲しい」「元気になって欲しい」

そんなの、当たり前じゃないですか!

 

元気に「行ってきます!」と家を出て行く子どもが見たい。

せめて、体調が良くなって、ニコニコ過ごしている姿が見たい。

 

そう思うのって、悪いことでしょうか?

 

いいえ、私は、当然のことだと思います。

子どもの幸せな姿を望むのは、当然なことだと思います。

 

だからね、まず、「学校に行って欲しい」「元気になって欲しい」、そう思う自分自身のことを、自分自身の気持ちを、認めてあげてください。

そう思ってるんだね、そうだよねって、認めてあげてください。

思ってはいけないことなんて、何一つないんです。

どれだって、全て大事な、大切な、あなたの気持ちだから。

 

 

「思う」のと、その行動を「人に求める」のとは、違います。

 

潜在意識が伝わるとか、確かにそれも一理あるかもしれないけれど、「思ってはいけない」と思って、自分の本音を押し殺している方が、よっぽど不健康だと私は思います。

そして、自分の気持ちを押し殺している方が、余裕がなくなって、子どもに辛く当たっちゃうこともある。

 

自分の気持ちも、大事にして欲しい

思ってはいけないことなんて、ないんです。

それを昇華できない時は、どうか一人で抱え込まないで、話にきて。

いつだって、あなたのことを、応援しています。

 

 

  • 97
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるSNSはじめました。

未来地図の公式SNSでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

keyboard_arrow_up