東京賢治シュタイナー学校

主な特徴

幼児から高等部までのシュタイナー教育を実践する NPO 法人運営による学校

シュタイナー教育とは、オーストリア出身の哲学者ルドルフ・シュタイナーの人間観に基づいた教育。0 歳から 7 歳までは身体を動かしながら「意志」が、7 歳から 14 歳までは「感情」が、14 歳から 21 歳までは「思考」が育まれます。その年齢の成長に合わせたカリキュラムに重点を置いています。

人間を育てる

テストや点数による評価はしていません。人間的成長を尊重するため、知識の量だけではなく、その子ども全体においての成長を評価していきます。子どもが学びを通して自分自身を生きていく力をつけていくことが大切だからです。そのために、私たち教師や保護者の役割は、子どもの成長の妨げになっているものを取り除いていくことであると考えています。

義務教育期間中は公立学校に在籍

東京賢治シュタイナー学校は公的に認められた教育施設ではないため、中学生までの義務教育期間は、公立学校に在籍します。
出席が認められるケースもありますが、長期欠席・不登校扱いとなる場合もあるため、入学前に在籍校へ確認すると良いでしょう。

◆運営者からのメッセージ紹介
私たち大人も自分自身を生きていくことが難しい時代です。足踏みすることは日常茶飯事です。子どもだって同じです。そんな時は足踏みしている原因を見つけて取り除いてあげることが大事です。子どもを見守る教師や保護者を含めた周りの大人たちが、どれだけ子どもたちに寄り添っているかどうかで見えてくるものが違ってきます。教育は選択できる時代です。自分の子どもにはどのような教育がふさわしいか、様々な学びの場を訪れたり調べたりして見つけてください。

勉強内容

すべての学年は毎朝 110 分間のエポック(中心)授業から始まります。国語、算数、理科、社会にあたる教科を 2~4 週間ずつ集中して学びます。専科の授業では手仕事、音楽、美術、木工など様々な芸術授業に取り組み、心とからだ全体を使って学んでいきます。また、学んだことを発表する機会が多く、自分自身を表現する力が育まれます。

卒業後の進路

在学中に高卒認定試験に合格して次の進路に進みます。大学、短期大学、専門学校、海外留学、アルバイトなど、子どもによって進んでいく道はさまざまで多岐にわたっています。

費用

○入学金
小中学部:250,000円
高等部:300,000円

○施設拡充費
12,000円

○NPO法人正会員
入会金:3,000円
年会費:12,000円

○授業料
45,000円

○施設管理費
5,000円

※この他に、クラス費や教材費、校外活動費、実習費等があります。詳しくは学校説明会にてご説明します。

スクール概要

名称 東京賢治シュタイナー学校
対象年齢 小学生・中学生・高校生
タイプ 専門家サポートタイプ
主な対象者 すべての子どもに対して開いています
利用時間 要問合せ
住所 〒190-0023 東京都立川市柴崎町6-20-37
アクセス
(行き方)
多摩都市モノレール「柴崎体育館」より徒歩7分
定員 要問合せ
HP https://www.tokyokenji-steiner.jp/
電話番号 042-523-7112(平日:8:00-17:00)
メールアドレス
不登校生の親の気持ちを集めたアンケート結果を公開中!

未来地図では、たくさんの保護者方の声を集めた『不登校生の親の気持ちアンケート』の回答を公開しています。共感、納得できるだけでなく、さまざまな場面で参考になる内容ですので、ぜひご覧いただけると嬉しいです(*´`)

アンケート回答結果はこちら