『卒業』に思うこと

こんにちは Kunです。

2年前、長男が中学校を卒業しました。

ほぼ2年間、不登校だった長男は

卒業式間近から、登校を始め

普通に卒業式に出席しました。

そして…

あっけなく 卒業しました…

あっけなく卒業し、

私は 感動… というよりも

大きな解放感 を得ました(*´˘`*)

 

『♪ この 支配からの 卒業…

    戦いからの 卒業…』

支配…とまでは 思ってないけど

この歌詞が 頭に浮かんだのは確かです♪

 

あんなに登校してほしい…と願ってたのは

なんだったんだ?

こんなに あっけなく

みんな卒業できるのに。

 

楽しい3年間でも

苦しい3年間でも

皆勤賞でも

不登校でも

みんな同じ卒業証書。

我が子…頑張りすぎてたんじゃない?

…と アホらしく…とまでは言いませんが^^;

何か ふっと力が抜け、心が 軽くなりました。

 

それぞれ『頑張った形』は 違うけど

どの子も しっかりと成長してます。

もしかしたら、

苦しい思いで 過ごした子の方が

きっと 強くなってる…

と思うのは

親のエゴかもしれないけれど(*´艸`)

同じように

「部活に力を入れた我が子は、すごいよ」

「塾と両立して勉強した我が子は、すごいよ」

「生徒会活動に取り組んだ我が子は、すごいよ」

「ボランティア活動に取り組んだ我が子は、すごいよ」

「家事を助けてくれた我が子は、すごいよ」

「自分としっかり向き合えた我が子は、すごいよ」

… など

いろんな親の「思い」があると思います。

みんなそれぞれの3年間を過ごし

強さを手に入れ 成長してます。

 

誰が一番 頑張った…とかないし

どんな我が子の姿も 可愛くて愛おしい。

我が子の頑張りを

一番そばで見てきたのは 親です。

その頑張りを 認め労えるのも

親だと思います。

 

もし今

「卒業式に行くか行かないか」

で、モヤモヤしている方がいたら伝えたい。

『卒業式』は たんなる儀式です。

卒業式に出なくても 卒業できます。

義務教育なら、出席日数に関係なく

みんな同じように 卒業を認められます。

卒業式にみんなと一緒に参加しようが

欠席しようが

別室で証書のみ受け取ろうが

証書をポスティングしてもらおうが

なんでもいい。  どうでもいい

本人の中で

区切りがつけば

それはもう立派な『卒業』だと思います。

形に拘らず

「それぞれの頑張り」を 親子で労えたら

さらに素敵な『卒業』なんだろうと思います^^

卒業後は 次に進む… というのも

目に見える「形」だけじゃないと思う。

(進学だけじゃないよ)

不登校の親になって

見えない部分の『頑張り』にも

気づけるようになりました(*´˘`*)

✼•┈┈┈┈•✼•┈┈┈┈•✼•┈┈┈┈•✼

子どもの頑張りを

そばで見させてもらえることは

母親の『幸せな特権』だと思います。

母ばかり苦労が多い…なんて、

思っちゃうこともあるかもしれないけど^^;

それは 母だからこそ…の特権♡

大切に 味わっていきましょう(*´˘`*)

 

お母さん達、

日々本当にお疲れ様です。

頑張ってる自分を 褒め称えながら

今日も ゆるくいきましょうね♡

みんな ちゃんと進んでるから大丈夫(*´˘`*)

不登校生の親の気持ちを集めたアンケート結果を公開中!

未来地図では、たくさんの保護者方の声を集めた『不登校生の親の気持ちアンケート』の回答を公開しています。共感、納得できるだけでなく、さまざまな場面で参考になる内容ですので、ぜひご覧いただけると嬉しいです(*´`)

アンケート回答結果はこちら