不登校 両親が用意してくれた環境は、「衣食住の確保」

「親がすることは
衣食住の確保と
ご家庭ルールでのしつけでOK」
こちらの未来地図スタッフyukiさんのコラム、とても共感しました。

https://ameblo.jp/magokorosplash/entry-12623278216.html

と言うのは、わたしが正に証人だからです。

いじめで体調を崩し、ドクターストップで 全日制の高校  五月雨登校になり、それが原因で高校自主中退しました。
(ここから、耳タコの方はすみません💦)

わたしが、泥のように眠る日が続き、ある朝 お布団から出られないのを、母が優しく 背中をさすりながら…
「学校、辞めてもいいんだよ。勉強は、幾つになっても いつでもいくらでも やり直せる。今は、心身を休めることが大事。長い人生 やよいは、神様から少しお休みをもらおうね。」
と言ってくれた高校1年生の2月。
単位も何も取れないで辞めた高校。

その後、わたしは その言葉を安定剤として、それこそ泥々に眠る日々。
トイレと食事と、お風呂。数時間のテレビ。それ以外は、寝たきり。
両親は、廃人のようなわたしに、ただただ 着るもの 温かいご飯  安らぐ家 を用意してくれました。何も言わず、本当に何もプレッシャーもかけず、ただ 居るだけでいいという安心感を与えてくれました。

その半年後、わたしは ファミレスでバイト出来るまでになります。
その後、いじめで発症した 持病と向き合いながら、バイト➡️引きこもり(自宅療養)バイト➡️引きこもり ➡️バイト➡️を経ながら、保育補助も経験しながら、保育士目指してきました。
通信制高校も、成人後に 卒業したのです。
エネルギーが無くなってきたら、何も文句言わずに 充電させてくれて…パラサイトでも、何も …

そんなわたしも、26才で結婚し、子宝にも2人恵まれ、今 仲間たちと 新しい活動を試みよう!と、奮起しています。
こちらです😊⬇️
https://ameblo.jp/family8013/entry-12624665942.html

みんなの居場所 ~ありのまま~
https://arinomama.org/

PRすみません💦
まずは 衣食住だけで、いい。
生きる環境、暖かい空間…  そこに居てもいいというメッセージ…
両親無くして 今のYAYOIは居ません。

育ててくれて、ありのままのわたしを受け入れてくれた 寛大なこころ…  今でも忘れません。感謝しています。あの頃の感謝も時折 伝えています。
きっと、フ登校に悩む  皆さんのお子さんも…そう言ってくれる日がくるかもしれません。
ありのままでいいよ。
そのままのわたしが、いいんだよ。
まずは、そっと胸に手を当てて、優しくさすりながら、自分に そう 伝えてあけてくださいね。
長々とお読み頂きありがとうございました。

開けない夜はない。
暗い夜の後には、必ず 眩しいくらいの朝陽が差し込んでくるように…
希望という光を信じて…   ✨

不登校生の親の気持ちを集めたアンケート結果を公開中!

未来地図では、たくさんの保護者方の声を集めた『不登校生の親の気持ちアンケート』の回答を公開しています。共感、納得できるだけでなく、さまざまな場面で参考になる内容ですので、ぜひご覧いただけると嬉しいです(*´`)

アンケート回答結果はこちら