にゃの日記『初のバイト面接』

先週。娘が「このバイト申し込もうかな」とサイトを見せてくれた。大きい中華屋さんの「仕込み 餃子包みなど 単純作業が好きな方 募集」。「これなら失敗しないでできそう」と娘。
私(意外、こういうの興味あったんだ、確かに手先は器用だし、丁寧だし)「うん、いいね」
娘が早速サイトで申し込むと、メールで、面接候補日と「仕込みは早朝から午前中ですが…」と連絡が来たとのこと。娘は「通信制高校なので〇曜日以外は午前中でも大丈夫です。」と返信したとのこと。
(いやいや、朝起きれないでしょ!!)と思う私。。

そして、自分で履歴書を準備して、指定された日の夕方、制服で面接を受けてきました。
話をきくと、堅い感じの面接ではなく、店長が仕事内容を説明してくれ、「仕込み」は早朝スタートのみ、ほかに「キッチン」と「ホール」も募集していて(HPにもあったらしい)その説明をされたとのこと。
話をきいた娘は「キッチンは皿洗いならやりたいけど、麺類揚物焼物‥大変そう、ホールは向いていない」と思ったらしく、「仕込み、週3日、朝6時から入れます」と返事をしたそう!!
店長から「採用の場合は、1週間以内に連絡します。」と言われたそうです。

その後数日「バイト朝5時起き、前の日9時には寝るようにしないと」と明るく話していた娘でしたが。

…1週間、お店からの連絡はなく。
しょんぼりと「うち、落ちたみたい。…ホールって言ったら採用だったかな」
「そうかもね。朝早いのは、年配の人のほうが得意だからね…。でも、縁がなかったのかもね。」

‥はじめてのバイト応募はそんな結果に終わりましたが、私は、娘が自分でやりたいバイトを見つけて面接に行ったこと、自分で考えて対応したこと、それに成長を感じてとても嬉しく感じました。「採用の場合は…」の台詞、暗にぼかして結果を言っているのだけど、1週間連絡を待っていた娘がとてもいとおしく思えました。

でも、採用になっていたら、早朝大変だった!!…なので、少しホッとしました(ゴメン)

star今日できたこと♪

日記を書いた!

favorite読んでくれた人へのメッセージ

まとまりない文章を読んでいただきありがとうございます。みんないいことありますように

  • 18

ログインするとこの日記をフォローして応援できます

keyboard_arrow_up