yuchiaのプロフィール

yuchia 母親

プロフィール

長男16歳が、無所属で家から殆ど出られず、サナギ生活してます。
自傷や暴力・暴言なく、穏やかにしています。勉強からは一切離れ、ゲームやYoutube、アニメなど観て受動的に過ごしていましたが、今年の7月から自宅で飼育している生き物を一生懸命お世話する時間ができ、少し能動的に活動する時間が持ててます。
彼が中3の11月より、本当にしんどそうにしていて完全不登校になり、外出できず、高校受験できず、中学校卒業式も出れず、無所属2年目を迎えてます。

今でも息子本人には心の葛藤や自己否定感、外の世界への恐怖はあると思いますが
それでも家にいて少しずつ力を蓄えていってくれてます。笑顔や会話も出てきました。「夜寝て朝のうちに起きる」という習慣も出来て生活リズムが整ってきてます。今は壮大な妄想の渦にもまれながら、自分自身の今後の事を考える時間もあるようです。
「高校見学行きたい」という発言も、今年5月でようやく叶いました(実際の説明は全く頭に入らず、ただ「行った」だけ・・・・なので、願書などの準備は出来ません・・・しない&行かないつもりかも)。本人の気が向くときは少しずつ一進一退しながら、完全引きこもりを脱して(?)今年5月6月は数回外出できました。7月から停滞して、8月は母の私との衝突で「中卒のままでは嫌だ」「高卒はほしい」「高卒に関する行動が取れない、めんどくさい」という発言がありました。葛藤や反芻の中、エネルギー増減しながら過ごしているのかな、と想像します。

そして、母の私もこれ以上に成長がゆっくりで(笑)
学校にはこだわってないけれど、"ひきこもり生活”が完全肯定できず一番の気がかりで、息子のちょっとした言動などでは一喜一憂してしまいますが
感情経験と時間経過のおかげで、自分自身を楽しませたり&緩ませたりを意識してできるようになってきました。

ともに不器用な母子ですが、お互いに率直な言葉を交わせる気楽さは取り戻しました。

息子がしんどくなり始めた頃からの私の対応に後悔が残ることも多いですが、過去のやり直しはできないので、正解も不正解もないこととして、自分自身の行動を振り返ったりしています。「捉え方次第」という表現も、半分理解、半分不理解・・・でも、物事をややこしくしているのは自分自身という事に気づき始めました。
息子をガン見しないようにしながら(これ難しい)、明るい未来を楽しみにしつつ、現実生活をコツコツと歩みたいです。
keyboard_arrow_up