しゃべるの会

どんな会なの?

民間非営利相談機関「ヒューマン・スタジオ」が「不登校編」(子ども)と「ひきこもり編」(おとな)をそれぞれ3か月に1回開催している、テキストと担当者付きの家族会です。

同スタジオが配信しているメールマガジン『ごかいの部屋~不登校・ひきこもりから社会へ~』の最新号に掲載した文章をテキストとして使用。筆者で同スタジオ代表兼相談員の丸山が担当者として、最初にテキストを読み上げ補足説明したあと、テキストの内容にとらわれないフリートークを、必要に応じて質問に答えたり意見を挟んだりしながら進行しています。

主催者情報

『ヒューマン・スタジオ』
不登校とひきこもりを経験した元当事者である丸山康彦設立・運営の、不登校・ひきこもり相談室。丸山は不登校のため高校の卒業に7年を要し、高校講師1年間のあと足かけ7年ひきこもり状態に。現在、相談業務やメールマガジンの執筆、定期イベントや連続講座などを一手に企画実施し、不登校とひきこもりの理解と対応のあり方を伝えている。著書『不登校・ひきこもりが終わるとき』は発行部数1万に到達。

◆運営者からのメッセージ紹介
担当の丸山です。ご家族が肩の荷を下ろしながら深い理解へ進むことを願って続けており、2020年10月のひきこもり編で60回になりました。不登校状態またはひきこもり状態の本人についての悩みや知りたいことを出し合って意見交換したりするのをファシリテーションしながら、必要に応じてホワイトボードを使ったりして意見を述べています。

名称の由来は「同じ立場のご家族が“しゃべる”ことで 理解と対応のあり方について“心のシャベル”で掘り下げる」。私と一緒に大切なものを掘り当ててみませんか。

費用

ひとり500円

イベント概要

名称 しゃべるの会
開催日時 3か月に各1回週末、各13時半~16時半
開催場所 逗子市、平塚市、横浜市の公共施設(回によって変わります)
HP http://husta.is-mine.net/
https://blog.goo.ne.jp/husta
電話番号 0466-50-2345
メールアドレス husta.maru@gmail.com
設立日 2001年10月1日
不登校生の親の気持ちを集めたアンケート結果を公開中!

未来地図では、たくさんの保護者方の声を集めた『不登校生の親の気持ちアンケート』の回答を公開しています。共感、納得できるだけでなく、さまざまな場面で参考になる内容ですので、ぜひご覧いただけると嬉しいです(*´`)

アンケート回答結果はこちら