ぽんこさん

少し時間が経ってしまいましたが、コメントありがとうございました。

ぽんこさんの息子さんは、今年の6月から不登校とのこと。
私も、不登校、ひきこもりの「(先の)見通しが立たない」、「(こういうふうになるだろうなど)見立てもできない」「(人も自分も)当てできない」という状況のときは、本当に苦しかったです。
思春期もあって、子どもと私との間もこじれました。(現在も、雰囲気は余り変わっていません)
ぽんこさんのところは、中学生なので、先が長いだけに、子どもにエネルギーも、ぽんこさんにエネルギーもあって、それがひっくり返ってしまうというか、しんどい気持ちも不安も大きいかなと思います。

うちは、そこに「大人になる」というのが加わったので、この3年は特に大変でしたが、ある意味で、終わりというかステージが変わることが見えているので(「卒業できなくても、留年しない。来年の4月からは成年になるなどですね」)、実際は、先が見えないというのが現在形でも、私は気持ちが少し楽になって、逆算して(あと、何日だ・・・ということですね)、毎日をやり過ごしています。
ただ、高校からの不登校(この3年)は、義務教育でない分、いわば小中とは質が?変わってしまい、本人が望んだために「進級」と今なら「卒業」だけ、になってしまいました。適正も何もないです。本人いわく、「高校からのことは何も覚えていない。空っぽ」とのこと。私も同じです。

ぽんこさんには、今、これからの長さを考えると反対に苦痛かもしれないですが、息子さんにはまだ子どもであっていい時間が沢山あります。
息子さんは、「学校には行かない」や「Apexを極める」など、自分の意志を言葉で説明でき(本心から言っているかどうかは分からないとは思いますが)、実行しているという力もあります。あんまり心配する必要もないのではと思うのは、きっと私が他人だからですよね。
ぽんこさんもあまり自分を追い込まないようにしてくださいね。

私は、ぽんこさんとぽんこさんの息子さんを、少し離れた場所から応援しています。

  • 0
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら