徹夜あけで、朝を迎えた引きこもり無所属15歳息子。

色々話して、私の「これでいいとは思ってないよね?」にカチンときたらしく
「俺をなんだと思ってんの!当たり前じゃん!」と返された。

反発できるエネルギーは貯まってきてるようだ。そこは良かった。

「じゃあ、体を治す調整やできること、そういうきっかけ、探していこうね。」
「新聞取るとか。」「夜中にお散歩するとか。」「日中の運動量も増やすとか。」
私は色々と表現を変えながら(かーなーり、しつこかったかもしれないけれど)
・・・色々言えた。一応彼も「うん。」と小さく肯定(とりあえずの生返事か?適当か!?)。

どう感じたかは分からないが・・・
いわゆる不登校や引きこもり対策のマニュアルなんて関係なく
生身の人間としても会話ができるようになったように、思う。

あ、今日も明日も、高校見学するつもりはなさそう。そこはちらっと期待してしまい、意思確認したら・・・・"無理!"っていう反応だった。

実は
昨夕、テレビの情報番組を観て彼から
「お母さん、農業高校っていいね。」・・・と素敵な呟き♪と感じたのもつかの間・・・「教室って、俺、嫌なんだよね。」
えー・・・・
「いいね~♪いいと思うよ!生き物好きだしね。へー、教室が嫌なら、通信制や単位制高校なら単位の為に通うだけだから、いいかもね。」と言ってみたものの
『それじゃあ農業高校には行けないな。本気じゃないな。』と察知した私。
(きっと、農業高校の課外授業的な風景をテレビで観て楽しそうに感じたのでしょう。それだけじゃないよ~、公立なら、出席率も大いに関係するよ、科目多いし!うちからは農業高校は遠いし1時間以上かかるよ!←心の声)

でもまぁ・・・・気を使って腫れ物に触るようにしていた時期を考えれば
外に出られない状況は変わってないけど、確実に、進んでる。そう信じたい。
信じさせて~!

  • 13
  • 1
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら