☆規律に縛られないで☆

学校に通っていれば安心、というのは親が安心なんですね。
なんで安心なんでしょう?

私は、子供が辛そうに登校すると心配だったから、その気持ちがよく分かりませんでした。
 
 
 
 
でもね昨日支援をしている大学の先生の話を聞いていて、気付いたことがあります。
それはね、保護者の刷り込みです。

「学校はきちんと通うべき」
「ずる休みはダメな人間がすること」
「宿題をしないのはダメな子」

というような環境で育った親は、規律を守ることを優先します。
 
 
「無理しなくていいよ」
「できる事はがんばろうね」
「しんどくなったら言ってね」

というような環境で育った親は、子供に寄り添います。
 

  
世の中、前者が圧倒的に多いのです。
なぜなら、自分で考えなくていいから楽なんです。
規律さえ守っていればいいんです。

 
バブル期までは、こんな考え方でもうまく暮らせたんですよ。
自分で考えなくても、親たちの言うとおりにしていたら、人生進んでこれました。

でも今、親たちの時代とは全く変わってしまって、自分で考えて子育てしないといけない世の中になりました。

社会はどんどん変わってゆくのに、学校制度は古いまま。
子供たちは、学校教育に合わなくなってきました。
それでも子供に古い規律を守らせようとして、苦しむ親たち。
 
 
 
古い規律に縛られているのは、親なんですね。
それに気づけたら、手放せばいいんです。
子供の不登校だけでなく、今は多様性の時代です。
外国人やLGBTの人たちとも一緒に暮らす社会なんです。
頭の柔軟性が求められます。

子供の不登校で、いつまでも止まってないで、もっと広い社会を見ましょう。
世の中、楽しいことはいっぱいあります。

  • 26
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら
keyboard_arrow_up