最近始めた、スポーツ指導のボランティア。
みんな、かわいー!!

とはいかない。

反抗的な子、生意気な子、乱暴な子、すぐ泣く子、大人に敵意を持つ子。

正直、苦手な子もいっぱいいる。

でも自分を偽らない子が多い。

そして、大声を張り上げながら、
汗だくで子供に向かう指導者たち。

そこには、なんだか深い深い信頼関係があってあたたかい。

大人側もこれまた個性的。

厳しい指導。
細かい指導。
大雑把な指導。
何も言わない指導。

怖い指導者。
優しい指導者。
面白い指導者。
てきとーな指導者。

ごちゃ混ぜ感が、居心地良い。

大人も色々。
こどもも色々。

私は、何を教えようかな。
何ができるかな。

先生、出来ないよー
みてみてーっ!すごいでしょー
もう、つかれたよー
先生、誰が一番上手?
えーっ!まだやんの?
先生、おばさんなのに、すごいー

なにも話さない我が子も、少し離れたところで笑顔。

なんだか花畑のよう。

こどもたちの可能性と、自分の可能性が解け合ったとき、何が産まれるんだろう。

この年になって、体と心を、技を鍛え直す日々。
キツイときも有るが、ワクワクが止まらない。

自分の可能性を、こどもたちに教えてもらった。

  • 8
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら
keyboard_arrow_up