今まで、欠席のこと、留年に関しては、一切話すことを拒んで、背を向け嫌がって逃げてきた娘ですが、

今日は、夕方美容室へ行き、機嫌もよく、
夏休みにほしいもの、行きたいところがある、と急に言い出したので、
「その時進路がどうなっているか次第だね、それどころじゃないかも、、」なんてついつい言ってしまったら、

シクシク泣き出して…「その話はしないでっ」て、、、

「ごめんごめん、自分で1人で考えたいんだったね、
でも、こんなに苦しそうだと、一緒にもっと苦しまずに過ごせる場所、考えたいな、って思っちゃうんだよね。
もし、必要ならいつでも言ってね」

と、声をかけて、しばらく放っておいたら、
小さな声で「通信制で、今年卒業できるの…?」と初めて聞いてきました。
「できるみたいだよ、11月位までならなんとかなるらしいよ」
と伝えることができました。
「週一午後からとかでもいいみたいだよ」というと
「週一も行きたくない…」
「見学とか行ってみる?」と聞いたら
「やだ」とのことでしたが、
初めて通信制の話を、娘とすることができました。

もう少し考える、とのことなので、ゆっくり見守るつもりですが、

なんだか、少しスッキリしたようで、
お風呂で鼻歌歌ってます。

今の高校を卒業してほしい、という気持ちを私がゼロにしたのが、
大きく伝わった気がします。
実は、今の高校は、私の母校でもあり、従兄弟も通っていたり、親戚も多くて、辞めるとなると、かなりの風当たりになることは間違いないのですが、
もう、あんな苦しい顔を見たくないから…

もっと、娘が苦しまない場所を探せたらいいな…
でも、家から出ずに卒業できる通信制を探したいのかな…
あるのかな…
課題できるのかな…
そのまま引きこもらないかな…

心配はまだまだ続きますね
でも、ひとつ ハードル超えた気持ちです

  • 6
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら
keyboard_arrow_up