こんにちは。

許容範囲問題、わかります!

よく言われる

ゲーム無制限。
YouTube見放題。
昼夜逆転容認。
勉強しなくてOK。

私には、無理でした。

考え方は、もちろん理解出来るし、それで好転して、再び学校に戻った子も沢山居るでしょう。
きっと事実の一つなんだとおもいます。

不登校初期は、問題とされる行為と不登校をセットにして考えていました。
だから容認しなくちゃいけない!と強迫観念のような気持ちでした。

でも、学校に行かない選択を親子で受け入れ、自分の道を歩き始めた今は、不登校の概念すらほとんど消えました。

学校復帰を目的にすると、何をして良いのか、何をしてはいけないのか、分からなくなりました。

自立して、幸せに暮らす力を育てることを 子育ての目的にしてからは、迷うことが少なくなりました。

迷惑なことは、迷惑していると伝え、話し合い、互いに譲歩しながら生活しています。

親に出来ること、出来ないこと、やりたいこと、やりたくないこと、頑張れること、頑張れないこと。

自分を正直に話すことで、子供も少しずつ気持ちを話してくれるようになり、自分で考えて行動するようになりました。

親子で、どちらかが、どちらかの言いなりにならなくても、互いに成長出来るんだ!!と発見しました。

自分の考えで行動するとき、子供はとても輝いて見えます。

遠くの未来を見つめる事で、私は楽になりました。

  • 9
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら
keyboard_arrow_up