不登校が始まったころから
父親は中卒は社会に出たら通用しない!
そんなこと甘い!逃げてる!みんな頑張ってるんだ!
毎日のように中1の双子に言ってました。
聞くのが嫌で二人は耳を押さえて部屋に逃げる毎日。

夫も夫で色々考えたり、調べたり。
私は親はいつでも味方でいて、静かに見守ろうよ、と言うと
何の宗教の考えだ!なんて言うから私も萎縮。
お互いにどうしたら登校するのか悩んで約1年半。

最近は険しいな顔をしながらも 論破は時々になり。
双子のことばかり考えないように趣味を復活させたり。
二人に最強の名前を付けたつもりだけど占いによると
そう言う星に生まれたみたいだから仕方ない(笑)
学校になんて行かなくてもいいと話すようになりました。

好きなことをしたいからと
前は話すことから逃げてた弟だったけど
昨晩、父に熱い思いをぶつけては
聞いて、話して、理解してもらって。
よっぽど嬉しかったのか
「昨日話聞いてもらって、嬉しかった〜!」と
今朝は早起きして、元気に昼から別室登校しました。
認めてあげることで元気になるんですね。
私も男の子は父親の存在が大切なんだと思いました。

(いつも長文すみません)

  • 13
  • 0
  • 0
ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら
keyboard_arrow_up