genさん
はじめまして。

公立の進学校で課題の山・・真面目で優しい性格で頑張っても終わりきらず行けない、寝不足。
許してもらえない雰囲気、「皆しんどいし、甘えだよ」と突き放す先生。

本人は
「学業が苦痛。他の子はできている。自分は何も楽しいことがない。」
それでも
「学校に行かなきゃ。行くためには課題やらなきゃ。」で休めない。

そっくりですね、うちの次女のケースと。うちの場合はそれが中1〜中3でおこりましたが。

次女は公立中高一貫校の中3の終わりに歩けなくなってそのまま高1になり、五月雨登校しながら6月にまったく行けなくなり、そのまま退学し、翌年公立の単位制高校に移りました。
弟が入学してきてしまったので、私はその後も6年間、同じ中高一貫校に関わりました。
それらの経験から、高校の先生方から「全日制が無理なら単位制や通信制にうつればいいじゃない」という風潮を感じます。でも、本人は「自分は学校に不適合なんだ」と傷を持ちつつその後の人生を歩んでしまい、その後立て直すのが大変な例もあります。

次女が辞めた時の担任に「どうしてここは、全教科頑張らせるのですか?大学受験は全部は必要ないのに?」と聞いたら「先生どうしが競わされているからです。こっちも大変なんですよ」と言われて愕然としました。
もっとあきれたのは、単位制高校の担任から(そこも通えていなかったので、次女には一度も会ったことはなく、私のみ面談しました)「公立中高一貫校に行った先生たちは、私立に取られて公立にはいいタマが来ない、って言っているんですよね。」と言われました。大変ショックでした。うちの次女は大量の宿題を真面目に考えすぎて病気になったのですから。そういう先生たちに次女はつぶされたの?と。
「生徒を人、と思っていないんだ。要するに進学実績、の数字のみが大事なのね。しかし、わざわざ私に言う?」

そんな先生ばかりではないことは、わかっています。でも、進学実績重視の風潮はありましたね。
息子に言わせれば「先生たち、忙しすぎて余裕がないんだよ」だそうです。

「他のお子さんは同じ状況で、やっていけてますけどねぇ・・」と先生は言います。しかし、人は十人十色。性格や考え方が違うから、同じ状況でも受け止め方は様々です。
そもそも子供は未熟なもの。未熟な子供が通っているのが大前提で、どんな子でも卒業まで導けるよう、先生の側に配慮が求められると思っています。
先生に余裕がないから?だとしたら、生徒一律に出す課題等は最低限にして、量も選べるようにする。その方が、生徒も辛くないし先生の手間も減って両得だと思うのですが・・。弟の担任にはそう申し入れたら理解していただき、中退は次女のときの1/5に減り、進学実績は創立以来、一番良くなりました。

中高一貫校の次女の担任が、中1の弟のクラスの授業で「この学校は課題がたくさん出る。全部やろうとしなくてもいいからね」と言ったそうで、弟は「ホッとした」と言ってました。先生にかけられた呪縛は先生なら解けるのです。
これらはあくまで、うちの体験談です。息子さんに話すかどうか・・はさておいて、親は冷静に息子の学校はどんな所だろう?と観察してはいかがでしょう。

本人は「学校へ行かべき。課題をやるべき」と思い込んでいる。
先生は建前、ばかり言いますからね。そのあたりを、子供は見抜けなくて苦しみます。
「〇〇すべき」という理性優位で、感情を無視するのがうつ病になるきっかけだと思います。うつっぽい、から悪くしないために、自分に合わない環境からちょっと撤退。やめるのではないけれど、期限を決めて親が登校禁止、としてもいいかも、ですね。親の命令ならお子さんは自分のせいじゃない、と思えますものね。その間に息子さんには頭を冷やしていただいて、先生と親御さんはもう少し情報交換をしておいて。

学校は行く方がいいと思いますが、自分の子どもを伸ばしてくれる環境がいいですよね。残るにせよ、移るにせよ、自分が決めた、ということが大事だと思うのですが、息子さんにはもう少し時間が必要そうですね。

genさんも、色々な人に支えてもらって、ご自分の気持ちも大切になさってくださいね。心の余裕、大事です。

想像で書きましたので、お気持ちと違っていたらすみません。
長々と失礼しました。
暁(あかつき)

ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら