夏休み前から不登校中の中1男子がいます。

お気持ち、本当によくわかります!
夏休みははさんだものの、学校へ行けなくなって一ヶ月。
やっと息子の状態に、少し冷静に向き合えるようになりました^^;

最初は、何回も担任の先生と面談。市の教育センターの相談にほぼ強制的に息子を連れて行ったり。

『もっと学校行きづらくなるよ』
『とりあえず行って、だめなら保健室行くとか』

諸々。

多分、すでに限界の息子を追い詰めてました^^;

毎日の欠席連絡と、ほぼ毎日ある担任の先生からの電話に私も追い詰めてました…。

うちの場合は部活の顧問の先生の厳しさに耐えられなくなった(怖い)のがきっかけです。
ただ、それだけが原因ではなく、今までの我慢の積み重ねで限界に達してしまったんだと思います。

こどもの心の相談医の先生がいる診療所を受診し(とりあえず私だけ)、私と担任の先生が記載した問診票からADHDの可能性が大きいと言われました。

息子はずっと生きづらさの中で苦しんでたのかな、と親として情けない気持ちにもなりました。

今はほぼ昼夜逆転生活です^^;
夜中の3時頃寝て、お昼頃起きる感じです。なので、私が出社するときや朝食は息子なし。

ちょっと複雑ですが、エネルギー充電中なんだな、とようやく思えるようになりました(^^)

今は、日中起きた時に洗濯物たたみや、シーツの洗濯、夕飯のちょっとしたおかず作りをお願いしてます。
(起きた時に読めるように、ノートにやってほしいリストを毎日書いてます)

私が『学校へ行かなくていい』と言葉と態度で表してから、昼夜逆転はひどくなりましたが穏やかになった気がします。

長々と失礼しました!
ただ、皆さんも仰っている通り、同じ悩みを抱える仲間がいます!
お互い頑張りましょうね(^^)

ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら