こんにちは。

「フ登校は 時代遅れの教育を察知した子供の脱出現象」

少し落ち着いてきた娘は、自らもがいて暴れて脱出したんだと思います。

現在、まぁまぁの田舎の通信高校に通ってます。
フリースクールも兼ねていて、小中学生も来ます。ボランティアの学生さんも勉強を教えに来たりするそうです。
建物の隣は公立小学校です。

制服はなく、みんな好きな服装で登校。尖ったおしゃれ、ヤンキー、よれよれのシャツでも冷やかすような子はいないそうです。

全日、中高校の頃をを思うと、
決められた制服、下着が透けないようにインナーを着たり、指定の靴下、生理でもスカート、きちんとしたシャツ、、。

娘の悩みは制服ではないですが、
悩みのひとつの人の視線がこわいというのが、みんなが揃った制服ではないことでこわくなくなってきたようです。

勉強面もタブレット配布だったりと、近隣の学校より進んでる面もあります。

週2回通えばオッケーですが、ほぼ毎日通う娘。
心療内科や体調不良で休んでも出席日数を気にしなくてもいいので、そのプレッシャーがないと逆に通えるみたいなことを言ってました。
心療内科、カウンセリングに通ってることなんて普通とかも。

学ぶとは?学校とは?生きるとは?
娘を通して、色んなことを考えます。
今は特に、娘の通う高校を6年前に開校して下さった、行き場のなかった子達のために志をもって動いて下さった方達に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

ホームスクーリング、学校、、色んな選択をしてもそれが共存してる社会になればいいなと思います。

ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら