チョビさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

似た体験をされて来られたんですね、
今日私のカウンセリングのため学校に行き、カウンセラーさんにその時のことを話しました。
タッチ登校は校門にタッチすれば出席とか、車で学校の前を横切るときに先生が姿を確認できれば出席とか、学校によって様々な形があることを知りました。
校長次第らしいですね。
娘の中学で校長の姿は一度も見た事がありません。廊下ですれ違うことも、勿論職員室でも。
学校通信の校長の言葉も印象にも残らないような存在の薄さで、学校のトップとして、子どもに向き合うよりも学校の不登校者数を少しでも減らしたいんだろうなぁと思ってしまいます。保身かな。

なんだかバカバカしすぎて戦線離脱しました。
出席日数?本人が行く意味わからんと言うなら親の私がしがみつくことではないと、肩の力が抜けました。

それにしても、オルタナティブ教育がもっと充実してたらなと思います。

そう思いますが、受け皿があっても子どもに一歩踏み出す勇気が持てなければ何も始まりません。
やはり親自身が固定観念を変えて、今の子どもの状態を受け止められる器になるのが先決なんでしょうね。

娘自身が、大多数と違う自分でも全然OKになってくれたらいいなと思います。

チョビさん、ありがとうございました(^^)

ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら