初めまして。こんにちは。
まひろと申します。
私の息子は今22歳、国立大学大学院の1年です。
今の息子さんのご様子は、まるでうちの息子が中学生だった頃を見ているようです。

うちの息子も「友だちが罵倒されているのを見るのがツラい」とよくもらしていました。
メンタルの弱い子だと私もその時は思っていましたが、陽さんがおっしゃる通り、優しすぎて繊細すぎる部分を持つ子だったのですよね。(HSCという言葉も後で知りました。)
そしてとても優秀なお子さんなのですね。
責任感が強くて真面目で、なんでもゼロか百かのように、キッチリとしたい完璧主義者的な部分もおありなのでしょうね。

うちの息子も、そんなキッチリとしたい部分、優しい部分、優秀であり続けたい部分がごちゃ混ぜになって、中学生で体調を壊し不登校になりました。
前兆は小学校から表れていたのですが、私が無理やり学校に行かせたため、自律神経に不調をきたし、起立性調節障害という病気にまでなってしまいました。

その後の経緯を詳しく書くことはここではしませんが、私の経験から言えるただ一つのこと
それは「息子さんは絶対に大丈夫!」ということです。

今はがんばりすぎて、息切れしてしまっているだけ。
経験者である私の「大丈夫」を信じてくださるなら、お母さんが慌てず騒がずどーんと構えて、息子さんが家で安心して十分に休める環境を整えてあげることが、当面一番に考えていただければいいことだと思います。

高校入試に向けて勉強も心配だと思いますが、そこは本人とよく相談されて、本人にストレスが一番かからない方法を模索されるといいと思います。
極論を言えば、中学の勉強くらい、後からいくらでも取り返せます。たとえ不本意な高校へ進むことになったとしても(好きなお友だち二人と一緒の高校じゃなく、という意味です)そこで人生が終わるわけでもありません。
真面目で優しく、がんばり屋さんの息子さんなら、絶対に大丈夫です。

病院も、「本人が望めば行く」「本人が望まなければ無理に行かない」が正解だと思います。

今はまず、心の元気が戻るよう、十分休ませてあげてください。
ゲーム三昧、YouTube三昧、上等です!
好きなことを思う存分させてあげてください。
好きなことをしているうちに、元気も少しずつ戻ってきます。
本人にやる気が戻れば、子どもは必ず動き出します。

でも、そのためにはどうしても時間が必要です。
どのくらいの時間か…も、その子によって様々です。
それでも、動き出す日は必ず来ます!うちの息子にも来ました!
ですから、どうか焦らず、温かく見守ってあげてください。

そしてできれば、お母さんもお母さんの人生を楽しみましょう。
自分のためにお母さんが泣いてばかりいては、お子さんは元気になりたくてもなれません。

無責任な言い方に聞こえてしまうかもしれませんが
「今はとてもそんなことは無理だ!」と思われるかもしれませんが
心のどこかに、とどめておいていただければと思います。

「お子さんへの一番の薬はお母さんの笑顔」です。

どうかどうか、お母さんとお子さんが笑顔の毎日を、一日も早く取り戻されますように…
心から祈っています。

ママたちの声を集めて届けるツイッターはじめました。

未来地図の公式ツイッターでは、「ママたちの声を集めたアンケート回答」や「先輩ママたちの経験談」を中心に、さまざまな情報をお届けしています。ぜひフォローしていただけると嬉しいです(*´`)

未来地図ツイッターはこちら