STAFF

YAYOIの体験談は大変だ!?

1619 7 person未来地図編集部 edit2022.03.11

注)こちらは、未来地図スタッフ「YAYOI」のお部屋です

知る人ぞ知り、知らない人は知らない!?

YAYOI自身も、不登校・引きこもりなど経験者です。
小中高、女子のよくあるいじめが積み重なって心身を崩し、
16才で病氣発症…今も服薬と通院治療しています。

昔は難しいと言われていた、
無理のない就労・結婚〜子育てが叶ったのも、
両親の献身的な支えとサポートのお陰様です。

そんな経験をしてきたからこその、
息子たちの不登校からのホームスクールも、
割りとすんなり受け入れられました☺️

ここでは、

  • YAYOI自身の引きこもり
  • 通信制高校卒業
  • 病と働き方などの折り合い
  • 両親のサポート方法
  • 子どもたちへの接し方、考え方

を綴らせてもらえたらと思います。

また、これが正しい!というものではなく、
あくまでも参考の1つとして何かを届けられたら…✨という想いを込めて、
勇氣出して発信していきます。ドキドキ…

それでは!よろしくお願いします😄

  • 10
  • 0
  • 0

コメント一覧

  • STAFF 母親
    edit約1ヶ月前

    過去の体験談②
    【ひたすら眠り続ける日々…】

    全日制の高校を自主中退した、高1の2月。

    単位も何も取れず、中卒のままでした。

    両親は、目先の勉強や学校よりも、ワタシの心身と命を優先してくれました。

    安心したからか、その後は泥のように眠り続ける日々…。

    夜8時に寝て、翌日昼まで眠る。
    笑っていいと○!を観て、その後また眠る。
    夕方に起きて、教育番組観る。唯一のお風呂掃除のお手伝い。そして、夜8時に寝る…。

    なんと!1日の3分の2寝ていました!
    大衆の人の、逆!!

    そんな日々が続きました…。 
    勉強は?規則正しく!など、うるさいことを一切言われず、ただただ衣食住の環境を整えてくれて、ゆっくりさせてくれていました。

    半年も過ぎた頃…
    YAYOIに変化が訪れます。

    続く。  

    • 3
    • 0
    • 0
  • STAFF 母親
    edit約2ヶ月前

    【既存の枠組みに囚われない学びや体験】

    色々な方々が、同じようなことを おっしゃっているかもしれませんが…

    明治時代から続く、学校の一斉授業。集団生活。閉鎖空間。

    平成も終わり、令和にもなるのに、未だに明治時代からの教育を続けるのでしょうか…😢

    時代遅れです。時代錯誤です。

    不登校の子達は、そんな

    【時代遅れの教育をいち早くキャッチし、飛び出してきた子たち】

    というようなフレーズを目にしたことがあります。

    今の教科書に沿った勉強を、子どもたちは、これ意味あんの!?と、気づいています。なので、やらないんです。やる意味ないから。

    AIが仕事をしてくれるようになる時代、いつまでもサラリーマン養成所・軍隊のような学校では、もう限界なのです。

    学校が合う子は、合うのかもしれません。
    けれど、そうでない子達も居て、隠れ不登校など数えると、もう今の学校制度が限界なのです。

    なので、自分の特技を磨いたり、やりたいことをやって生きていく時代が来てることを、不登校の子達は見抜き、それを実践しているのかもしれないのです。

    新しいパソコンなのに、無理やり古いパソコンのやり方では、壊れますよね💦

    それと同じだと思います。

    YAYOIは読書が好きで、色々な本やYou Tubeなど観て、それを自分なりに解釈しているものもあれば、どこかのパクリかもしれません😓すみません💦著作権とか大丈夫かな?無知で(^_^;)

    なので、正しいというものではなく、あくまでも個人的な見解なので、信憑性感じられなかったらごめんなさい。

    絵を描いたり、音楽を奏でたり、小説書いたりスポーツしたり…

    これからの時代、みんな同じ教科書の学びではなく、個々の才能を花開かせる時代!

    大丈夫!皆さんのお子さんは、みんなパイオニア!先駆者です!

    いつの世も、新しいことをする人たちは好奇の目で見られるけど、ここにはお仲間がたくさんいます!

    胸を張って生きましょう♪

    お読み頂きありがとうございました☺  

    • 5
    • 0
    • 0
  • STAFF 母親
    edit約2ヶ月前

    【周りの進路や学年に流されない、比べない生き方】

    海外では、飛び級制度や、その逆?もありますよね。

    個々のペースに合わせた学び。

    ワタシは、高1で全日制高校を自主中退しました。そこから、約半年 寝たきりのひきこもり。

    そこからでしょうか?
    世間の喧騒から1度離れて、お布団の中という 胎児の頃の母親のお腹の中に居るような安心感を得たからでしょうか?

    周りとペースが違っても、氣にならなくなりました。それは、両親が YAYOIはYAYOI!と、目の前のワタシという ありのままの姿を受け入れてくれていたからなのかもしれません。

    17歳でフリーターデビュー?その頃中卒。
    18だか19歳で、同級生が、大学進学や就職の中、通信制高校入学。何も氣になりません。比べません。21か22で、通信制高校卒業。世間じゃ大学卒業の頃。

    けど、ワタシはワタシ。YAYOIの生きる道は、誰と比べるもんでもない。

    楽です。楽なのです。

    周りに流されず、マイペースに生きること、サイコーです。 

    価値観は人それぞれかもしれないけど、少なくともワタシは、学歴や職歴、地位や名誉も欲しくなくはないけど、人に恵まれてること・家族居ること・持病あっても暮らせてること・これまでの波乱万丈な人生体験‥これらは、前者とはまた違った財産です。 

    何がその人の財産かは、人それぞれ。
    比べない生き方は、人生に彩りを与えてくれるかもしれませんよ☺ 

    それでは、お読み頂きありがとうございました。  

    • 6
    • 0
    • 0
  • STAFF 母親
    edit約2ヶ月前

    ふと思い付いたことを書いてるため、時系列がバラバラになりますが、ご了承ください💦

    【子どもを信頼して託す】

    我が家の息子たち、一向に学校へは足が向かいません😂いや、二男はふら〜っと行くときもあるんですよ。でも、続かない!

    長男は、【お母さんを休ませてあげたいから】学校復帰しようとしてたことも!はい、1学期それを試み、2学期力尽きました(^_^;)

    もうね、諦めですよ。
    諦める=明らめる 明らかになる!
    真意が明らかになるらしいです。

    【我が家の子どもたちは、学校は合わない】

    これだと思います。エネルギーは、あるんですよ。そのエネルギーは、学校へはもう向かないかと!言わずもがな、ソフトテニスには向かいます☺2人とも、バカみたいに頑張ってます。

    もうね、それでいい、それがいい。

    学校に執着するから、辛くなるのかもしれません。居場所は、学び場は、体験する場は、学校じゃなくてもいいんです。

    最近は、また みんなの居場所ありのまま へ足が向かってます。暫く行きませんでした。

    それも、足掻くことなく自然に任せてます。

    だって、やりたいこと、行きたいところがあったら、子供って勝手に動き出します。

    いちいち、動いた!また止まった!で、一喜一憂しません。

    教育支援センターも、フリースクールも、行き始めても行かなくなることも沢山ありました。それも、いちいち氣にとめません。

    あぁ、合わなかったかな、まぁいいか、それも経験だ、で終わります。

    子供のことは、子供に任せます。委ねます。託します。

    そうすると、子供は勝手に自立していく氣がします。

    【学校へ行くこと】

    それが全てではなくて、重きを置かなければ、執着しなくなれば、不登校ではなくなるのではないかなぁ…と思います。

    長男は、不登校ならば、もう4年位になります!全く問題だとは思ってません☺

    それが、長男の生きる道。
    二男も、その道が好きみたい。

    【子どもを信頼して託す】

    そうすると、問題も問題じゃなくなる…かもしれませんよ☺ 

    それでは、お読み頂きありがとうございました!  

    • 7
    • 0
    • 0
  • STAFF 母親
    edit約2ヶ月前

    【大切なのは…学校へ行かせることですか?それとも…我が子の命と心身の健康ですか?】

    部活動内のいじめで心身ボロボロになり、次第に保健室へ行くのが増えた当時のやよい。

    学校も休みがちになり、とうとう留年?退学?という選択肢に迫られた頃…

    朝、体が鉛のように動かなくなり、起きられなくなりました。

    高校1年生の2月。

    ここで辞めても、単位も何も取れません。

    つまり、高校1年間が、勉強だけで見ると無駄になります。

    けれど…

    単位とか、学校行ってほしいとか、勉強はせめてしてほしいとか、そんなものは乗り越えて、ただただ やよいの心と体と…命を優先してくれた、父と母。

    最初は、両親とも、学校へ行ってほしいという思いがあったと聞きました。
    (放置している😓インタビューにて)

    しかし、みるみる元氣が無くなっていく 我が子を目の当たりにして…

    (この子の笑顔が見たい、また元氣になってほしい…それには…今は疲れた心身を休ませることが大切だ…)

    と…。

    本当に大事にすることは…
    優先することは…

    学校へ行かせることですか?
    学校へ行ってほしいという、親のエゴですか? 

     命と心身の健康  >   学校 

    では、ないですか?

    今一度、何が大切なのか…

    心に問いかけてみませんか?

    お読み頂きありがとうございました。

     

    • 11
    • 0
    • 0
  • STAFF 母親
    edit約2ヶ月前

    過去の体験談① 
    【学校よりも…あなたが大事】

    「トントントン…」

    母が、1階から階段を昇ってくる音がします。

    当時高1 16歳。全日制の高校に通っていたやよいは、テニス部のいじめで心身ボロボロになり、学校へ行くのも ままらなくなりました。

    保健室へ行く回数も増えて、遅刻・早退・欠席も増えます。

    進級も怪しくなり、でも補修を受ける氣力もない。

    とある朝…。

    いつものように またふらふらになりながら制服を着ることになるかな… 
    朝起きようとすると…

    (あれ…体が動かない…学校行かなきゃと思うのに、鉛のように体が重い…。心と体が引き裂かれたかのように、心では行かなきゃと思うのに、体は言うこと聞かない…ナンダコレ…)

    すると、母が部屋に、そっと入ってきました。

    「やよい、これまでよく頑張ったね。お父さんとも話してね、学校、辞めてもいいよ。勉強も学校も、やりたくなったら いつでも出来る。通信制も、定時制でも、いくらでもある。。今は、学校よりも、やよいの心身が大事!心と体を休ませようね。長い人生、今は神さまからお休みをもらおうね。」

    背中を優しくさすりながら、そう言ってくれた母。

    ワタシは、疲れ果てた心と体がすーっとほぐれていき…そのまま安心したかのように眠りにつきました…。

    • 19
    • 0
    • 0

コメントを投稿する

※必ず投稿規約を確認のうえ投稿してください

投稿規約

未来地図では、安心安全な運営を守るために下記5つの投稿を禁止しています。違反を発見した場合はただちに削除し、内容によっては通報させていただく可能性がございます。

1.個人情報の投稿禁止
氏名、住所、学校名、メールアドレス、電話番号、SNSのIDなど、個人情報の投稿は禁止しています。尚、会員登録いただいた方につきましては、ご自身のプロフィールページにSNS(Twitter/Facebook)のアカウント情報を掲載することのみ可能となっております。

2.公序良俗に反する投稿禁止
誹謗・中傷・恫喝・名誉毀損・プライバシーの侵害・差別・わいせつ・犯罪行為など、公序良俗に反する投稿は禁止しております。また、同一内容の繰り返しや、無意味な投稿(アゲ、キリ番ゲット、など)、サイトやトピックの趣旨と関係のない投稿につきましてはすべて「荒らし」行為として禁止しております。

3.宣伝・勧誘・出会い目的の投稿禁止
広告と思われるコンテンツ、宣伝(ご自身の活動およびそうでない活動すべて含む)、勧誘などの投稿は禁止しております。また、出会い・ナンパ目的の投稿も禁止しております。

4.自殺示唆・自殺ほう助に当たる投稿禁止
ご自身の悩みを相談される際には、今が死ぬほどツラくても”生きたい”と思っていることが前提となります。自殺予告、死ぬ方法を知りたい、などの投稿は禁止しております。また、自殺ほう助に当たる投稿も禁止としております。

5.その他、当サイトの主旨にそぐわない投稿禁止
上記に当てはまらない場合でも、当サイトの主旨にそぐわないと判断した場合には投稿いただいた内容を削除させていただく可能性がございます。

※当サイトを通じてトラブルが発生した際には一切の責任を負いません
keyboard_arrow_up