返信先: 不登校から立ち直った子どもがいる保護者の方にお聞きしたいです

  • カンちゃん

    うちの息子は1年ちょっとの完全不登校から全日制の高校に進学しました。

    息子は不登校の時、お風呂入らない、髪も爪も伸び放題、歯も磨かない、笑顔どころか表情まで失っていました。

    私がしたことは、そのままでいい、そのままのあなたを愛してると言い続けたことです。

    「一生ひきこもりのまま育てていく覚悟でいた」と言いたいところですが、私の心も相当な浮き沈みをしながら、息子には「一生ひきこもっててもいい」と伝え続けていました。

    そう言い続けているうちに、ポツリポツリと自分の気持ちをこちらに伝えてきてくれるようになりました。

    そして段々と「~がしたい」という言葉が出てくるようになりました。本を読みたい、(自宅で)映画がみたい、コンピューターがほしい等です。で、最後は「受験がしたい」という言葉でした。

    ここで私が注意したのは、喜び勇んで「じゃあこうしたら?」と提案しないこと。初期に何度もそれをして失敗したからです。本人が本当に動くまで待ちました。

    結局すごい勢いで勉強して、全日制の高校に通っています。

    こんな感じです。どういう風に立ち直っていったのかという質問の答えになっていますでしょうか?

    うちの息子は学校に戻る選択をしました。でも、私は学校に戻ることがすべてではないと今は心から思っています。現役不登校の娘(中3)にもそう言い続けています。息子の時よりも心から言えていると思っています。

    お子さん、お家で元気に過ごせるようになったとのこと。よかったですね!ぜひおうち生活を満喫して下さい。不登校経験は本当に貴重で、将来のお子さんの生き方にも絶対にいい意味で影響すると思います。

    そう信じて見守る、それだけでいいと思いますよ。