返信先: 美容整形について

  • hina

    小一から不登校、発達障害の診断がある子ども、21歳になる娘が数年前、二重の手術をしました。一重のコンプレックスだけでなく、全身整形しないと生きる価値なしという極端さがありました。
    自分のアルバイト代で払うけれど、それを貯めてからでは辛い、だから手術代はローンの協力をしてほしいとの懇願がありました。エスカレートするのは困る、はっきり何度も伝えました。根幹は自分が自分であるということへの自信のなさなのかもしれません。ですが、本人の価値観で辛いことを一般的、親の価値観で判断することもまた、辛さを生むと判断しました。
    【不器用かもしれないが、ポジティブに生きていくために必死に考えた手段】であるということです。
    まして、発達障害の診断がある、不登校状況にあるからと言って、否定されて良いものでもないと思います。
    そして、父親がローンの協力をする(支払いは一切補填しない)ということで、病院にも付き添い、手術をしました。
    現在は就労し、独居生活を立て、ローンの支払いも私たち親には頼ってきません。食費が乏しい時には物品調達する形で支えています。