返信先: 登校できたらご褒美!はやめるべき?

  • めーぷる

    ままさん、はじめまして。

    うちは最近ご褒美で、状況がよくなりつつあるのでコメントさせてください。

    息子は新4年生になります。
    小3のコロナ明けから、1年間不登校でした。
    10月頃まで小さな事で暴れ、私への暴力、一日中ゲーム、過食、引きこもりと、小学生の不登校の中でもヘビーな方だったと思います…。

    10月頃より徐々に落ち着いてきて、1月から学校に行く約束をしましたが、
    行きたい気持ちはあるものの、動けず、欠席、放課後登校、遅刻登校を繰り返していました。

    そこで2月からご褒美を取り入れました。
    1授業出たら1Pとして、シールを貼り貯まったらご褒美をあげました。
    すると徐々に学校にいける時間が長くなり、元気も自信もついてきました。

    4年生からは朝から登校できたら1Pでご褒美に再設定し、昨日の始業式、今日と登校できました。

    私も最初はご褒美で行かせても、、と思っていましたが、待てどもかわらない状況にご褒美で行ってくれるものなら、それでいいじゃないか!?と思うように。
    やってみて、ご褒美がもらえるから行ったというより、小さな成功を目に見える形で表してあげること、それを私たちが褒めて認めていったことが、ちょうど回復期に差し掛かっていた息子の追い風となった気がします。

    これはトークンエコノミー法というそうです。
    トークンエコノミー法 不登校
    で検索すると、分かりやすくのっていますので、よかったらご覧くださいね。
    ご褒美で効果がでるのは小学生低学年、ギリギリ中学年、、までのようです。

    ご褒美、悪い方法ではないと、私は思います!ですが、やり方を気を付けないと危険もあるな、とも思います。
    お子さんの状況にもよると思います。ご褒美の内容にも注意ですよね。とはいうもの、うちもゲームが好きなので、ご褒美にソフトも入りましたが…
    。できたらACOさんのご家庭のように、ご褒美が好きなゴハンや、お出かけ、、などにできるといいですよね。
    絶対に達成できる設定にするのもポイントだと感じました。(最初のご褒美は1週間で達成し、ご褒美をゲットさせました)

    うちもまだまだこれからです。
    お互い無理せず、やっていきましょうね。