返信先: いらないプライドが邪魔して

  • ちゃこ

    Stellaさん、こんにちは。うちは長男が中3の1年間不登校を経験した後、現在あまりレベルの高くない高校2年、次男は大学付属中3年、末っ子は登校しぶりがありつつ昨日小学校を卒業しました。
    このあいだ次男の付属中学の卒業式でしたが、3年間で10数名が転学し、この1年はコロナにより、例年より不登校が多いようでした。次男の1番の友人が、中3の1年間学校に来れなくなってしまい、私と次男は長男の経験があったので、お母さんやお子さんと時折連絡を取り合い、出来ることはしようと励ましあっていました。
    この1年を振り返って、うちの長男と次男の友達が元気を少しずつ取り戻していく過程はよく似ていました。
    今年はコロナで無条件で全員付属高に進学ができたので、次男は友達を一緒のクラブに誘うそうで、先生に可能なら同じクラスにしてもらうようお願いしました。
    長男と次男の友達を見ていて、進路ややりたいことを親子で一緒に考えて、最後は本人が選ぶのがいいのかな、と思います。行きつ戻りつしながら、同じ方向をみて歩んでいけば、少しずつ光が見えてくるように感じます。色んなことが全く思うようにいかなくて、イライラしたり、落ちこんだりしますが、やりたいことできることを少しずつやっていくのが近道なのかもしれません。