返信先: 高校進学の選択肢

  • まゆ

    Riochanさん
    きっと大丈夫ですよ。
    私も勉強もしない、いつになったらやる気を出すのか…とモヤモヤしていましたが、自分がどこの高校なら通えそうなのかを子どもなりに真剣に考えていますよ。(驚いたけどとっても嬉しかった!)

    うちの娘は昨年の今頃、全日制が全て!それが高校生と思っていました。

    Riochanさんの仰る通り、昨年のこの時期は、色んな方法を提案して考える時間を与え、こうしたいなと思ったら教えてねと話してました。
    その反面、受験には色々な期限があり、のんびりも出来ないこと。今の自分を知る為と受験当日の練習として、北辰テストは0点でいいから必ず受ける事も合わせて話しました。

    うちの娘の場合、軽くスイッチが入ったのが初回北辰テスト(6月)を受けて自分の偏差値がわかってから。
    昼夜逆転で行かないことも多々ありましたが、ずっと休んでいた塾に通い始めました。
    でも、頑張りすぎて力尽き、9月から12月まで気持ちも通塾も低迷しました。北辰テストだけは昼夜逆転で寝ていなくても根性で受けにいき、やっぱり受験は意識してるんだなと感心したのを覚えています。

    単願だけどこれじゃまずい!と本格的にスイッチが入ったのが1月。波はあったものの過去問を何回も解き、塾も頑張り、朝から受験ができるように自分で睡眠調整をして受験当日を迎えました。

    担任からかなり催促されましたが、志望校は、公立も私立も通信も12月の三者面談まで決めれば大丈夫です。
    (私立は11月位まで確約をもらっておく必要があります。人気の通信は早く定員が埋まることがあり併願で枠を確保するのもありです。)
    通信の情報はスクールカウンセラーに聞くと色々教えてくれます。

    うちの娘は色んなことが気になるタイプなので、ここいいかもなぁと雑談で名前の上がった学校の説明会はすぐ調べて予約。
    とりあえず行くだけ行こう!と本人気持ちが乗らなくても美味しいランチで釣って色々連れて歩きました。

    その中で知らぬ間に娘が取捨選択をしていました。

    誰も教えてくれない不登校の受験…どーしたらいいのー!?とあの頃の私は本当に不安で仕方なかった。
    でも、なんとかなる!と教えてあげたい(^-^)

    また長文になってしまいましたが、お役に立てれば…と思っています。