返信先: 反抗する機会を奪う?

  • 一休

    義務教育再考
    お子さんの心の内はわかりません。ただ一つはっきりしていることがあります。今は学校には行きたくないということです。小一から六年間学校について疑問を抱かず通学していたのですね。すごいです。自由を奪う合法的な機関として学校は君臨しています。お子さんにとって本当に第一選択の教育機関であるのか私にはわかりません。ただ自由を奪う容赦のない公的な機関であることはわかります。お子さんに合わない学校であれば、ふさわしい学校を考えます。モンペと言われても学校に改善を求めます。今までに自己改善、学校改善、環境改善、お子さんが、笑顔を取り戻すことのできる環境を作るために何をやってきたのかお考えください。まだまだ改善の余地がたくさん残されているように思えます。群馬県太田市でこれまで長年不登校児童生徒と多くの時間を過ごしてまいりました。お子さんの自由な時間について、今一度お考えいただきたいのです。学校へ行かないことは悪いことではありません。したがってお子さんは悪い子ではありません。どうかわかっていただきたいのです。お子さんの自由をまず第一にお考えいただきたいのです。学校は行きたい時は行く、行きたくない時は家でお勉強すればいいのです。家庭学習は、義務教育の一つの実践です。どうかお子さんを責めないでいただきたいのです。新しい子育ての方法をお考えください。お困りのことについては声をあげて助けを求めれば良いのです。子供は国民の宝です。多くの先達があなたの疑問に答えてくださることでしょう。一人で苦しまないでください。子供の教育は未知の領域なのです。