返信先: 今日の一言

  • aco

    息子が元気になってきた。
    毎日楽しくニコニコしている。
    引きこもることもなく、友達と元気に外で遊ぶこともできるようになった。
    放課後デイにも適応教室にも生き渋ることなく行けるようになった。
    でも、通常クラスにはまだまだ足が向かない。
    その日の給食を食べるかどうかもその日の気分による。

    ここまで、家族で息子にとってのいい道を探してきた。
    親も子も頑張ってきた。
    「学校」にこだわると、息子の元気がなくなるなら、もう「学校」はうちには不要なんじゃないか。

    息子が元気になった今、(元気とは、何?うちでは、息子が毎日幸せと感じること。家の外に出ることや勉強やスポーツなんでもいいけど、今まで目が向かなかったものに興味を見せ始めていること。将来何になりたいとか、たまに話したりすること。今の自分を客観的に見て不安を感じていることを口に出してくれたこと。)感じるのは不登校って「自由」ってこと。
    みんなと同じ成長過程を経ない不安は、日本人だから捨てきれないけど、今までもみんなと同じには歩んでないから、今更不安に思ってもなぁ。
    自分を鼓舞。
    「自由」を息子の明るい未来につながるものにするために、私は何ができるかな?
    毎日考えてる。
    答えが見つかれば、「今」が少し前までは考えられないくらい明るいものになったように、また明るい未来が待ってると信じる。
    今しばらく頑張ろう。
    がんばれ、私。