返信先: 今日の一言

  • 匿名

    不登校の中2の息子と電車に乗った日のことです。
    私も沈みがちな息子と家で過ごしてきたので久々の外出は新鮮に感じました。

    『遠周りしても、乗り遅れて次の電車に乗っても必ず目的地にたどり着く』
    『息子も必ずたどり着く時がくる』

    頭の中の風通しが良くなったのでしょうか。
    流れゆく景色を見ながらそんなこと考えていました。

    時はどんどん過ぎて行くけど、息子は息子の歩幅で進めばいい。
    ゆっくりでもいい。

    殻から出たような気分で私もこのままじゃいけない、自分らしさを取り戻そうと思いました。
    自分の苛立ちを息子のせいにしちゃいけないことに気づいたのです。

    5日間、放課後登校を続けてます。
    私の変化を見て、自分も変わる決意をしたようです。

    親は子供の考えを変えることはできません。
    親があれこれ言って変わったようにみえるのは、言いなりになってるだけ。
    自分で変わろうとしている息子のそばで転んだ時に手を差し伸べるのが【私のやるべき仕事】です。

    我が家もまだまだゴールへの道のりは長いですが、皆さんも1日も早くお子さんと笑顔で過ごせる日が来ますように♡