返信先: 変われない自分

  • にー

    学校や地域の福祉課やスクールカウンセラーへの相談はどうしても最終ゴールが「登校」になってしまい、登校させることが子どもに合っていないと分かっていても登校させる方向に動いてしまう自分と苦しんでる子どもとの間でがんじがらめになりやすいかなと思います。私自身もそれで精神的に限界がきて、私がいなくなるか子どもを施設に預けるしかお互い生き残る術がないというところまで追い詰められました。その相談の流れでWISK-Ⅳ(ウィスクフォー)知能検査を受けたり小児科の発達外来を勧められた結果、発達障害とはいえないものの専門家の方から口々に「この子に今の日本の学校システムは確かにキツい」とお墨付き?を頂いたことで、我が子が登校しない状態は矯正するようなことじゃなく当然の状態なんだ!行かせようとしなくていいんだ!とそれだけですごく心がラクになりました。

    今はこの先学校に通わずに幸せな大人になるにはどうしたら良いかという答えはまだ見えず手探り状態で不安もありますが、子どもを責めてしまう自分をも責めてしまい全員が不幸という地獄のような状況から脱して本当に救われたので、発達や精神など脳に特異なことがないかを専門家にみてもらうのも選択肢に入れることも考えてみてはいかがかなと思いコメントさせてもらいました。