返信先: つらいです

  • min

    お母さんの心の状態がとても心配です。きっと、お母さんも一生懸命頑張ってきたんですね。

    特に娘さんががんばり屋さんで、今までキラキラ輝いていたから尚更キツイと思います。

    うちの中一の息子も夏休み前から行き渋りが始まり、終業式一週間前からは不登校に。

    今までも、決して学校や勉強が好きではなかった息子ですがまさか学校に行けなくなるとは…と、どうやったら学校に行ってくれるか、と毎日気を張っていました。
    学校への欠席の連絡や担任の先生からの電話も辛かったー(ToT)

    夏休み中の今、息子は3時頃に寝て昼前に起きる…と行った生活です。
    日中はゲームやYouTubeばかり。基本元気です。
    だからこそ、『こんなに元気なら学校行けるでしょ…』と以前は思ってました。

    地元に『こどもの心の相談医』さんがいることがわかり、先日私だけ受診してきました。
    私や担任の先生が記入した問診票から、息子にはADHDの可能性があることがわかりました。
    もともと、『もしかしたら…』と思っていたものの、『やっぱりそうだったんだ』と、腑に落ちました。

    逆に少し気が軽くなりました。

    授業中に居眠りしてしまっていたのも、集中できていなかったのも、そうできない原因があったから。息子が怠け者だったからではない。
    それがわかっただけでも良かったです。

    お医者さんに言われたのは、
    『中学生の男子を無理矢理学校に連れてくなんて無理でしょ』
    『学校がいやだ、勉強がいやだと言うのは後付けで、十分勉強できる能力があったのにこういう結果になっているのは、本人のせいではなく、ADHDの要素があったから』
    『本人が行きたくなったときに行けばいい』
    『外との繋がりを途絶えさせない』

    今の娘さんの状態はとても心配ですよね。
    でも、お母さんの心の状態も心配です(TOT)
    色々気がかりなことが多いと、リフレッシュすることも難しいと思いますが、まずはお母さんが気分転換できるといいですね!

    娘さんの行動一つ一つが気になるのはメッチャわかります!!

    でも、少し放っておこう!くらいの気持ちで見守れるといいですね!

    私も夏休み終わったらまた、息子のことを気にする日々になるんだろうなぁ…とすでに予想できますが(笑)

    お互い頑張りましょう!!