返信先: 日中の過ごし方

  • aco

    こんにちは!
    放課後デイの見学に行ってきましたので、後日談を少々…。

    入り口付近では足踏みをしてしまった息子ですが、先生方の優しい声掛けに何とか中に入れました。
    男性の先生が息子が着ているマイクラのTシャツにすぐに気付いてくれて(実は話題作りの為に密かに母が狙って選ばせました 笑)マイクラの話題で気持ちがほぐれたのか、すんなりと母子分離できました。
    いつも初めての場所では私と離れられないのにプロってすごい!
    説明を受けるために1時間以上離れていたのですが、終始息子の笑い声と先生とのやり取りが何となく聞こえてきて、とてもうれしく思いました。
    内容は一分野に特化したものではなく、個別のプログラムを集団のプログラムに生かすという方法のようで、集団が苦手な息子に合っているように感じました。
    漢字が苦手な息子の独自のプログラムも考えてくださって、本当にありがたい。
    親のケアもしてくださるということで、重ねてありがたい。
    実際、現状に至るまでの聞き取りの際に、先生が涙を流しながら聞いてくれることもあり、私も癒されました。

    以前、あさイチというテレビ番組で杉山春さんという、ご自身の息子さんも長い不登校を経験されたノンフィクション作家の方が、どんどん行政を頼ってくださいと仰っていました。
    私も息子の不登校が始まってから、教育相談室、スクールカウンセラー、病院、子ども家庭支援センター、学校の担任の先生、様々な本などなど、様々な専門機関を頼り、周りを頼り、本を頼り、自分が平穏になる体験をしたので、またその機関が増えそうなのはありがたいことと思っています。

    横道に逸れましたが、、面談が終わって、帰り道息子に通いたいかと聞いたところ、行きたい!と言ってくれました。
    今はこう言っても、また無理となることはあると思うけれど、親子ともに大きな一歩のような気がしています。
    どうか息子の自信が取り戻せますように。
    受給者証の取得や諸々の手続きはこれから1か月程かかるそうですが、もともと不登校になってゆっくりペースに慣れたので、無理せず開始出来たらと思います。

    陽さん、改めましてコメントありがとうございました!
    放課後デイ、フリースクールの経験を事前にお聞き出来て心強かったです!