返信先: 不登校の原因を学校に話すべきか

  • とらっち

    子どもは大きくなるにつれて、一段ずつ階段を上るように、様々な事に対応できる力をつけていくようにならないといけません。高校は義務教育ではないので中学校を出たら社会に出られる年齢です。社会に出るといろんな人に接します。理不尽な事も多いでしょう。理不尽に対して、それは理不尽だ、貴方が間違っている、と常に保護者が声高に叫ぶ事はできません。

    先生の言い方はひどいよね、でもそんな事あるよね、プリントもらえたんだから良いんじゃない、と受け流す事も生きていく上では大切な力ではないかと思ったりします。
    親は子どもに共感しつつも子ども自身が社会の理不尽さを少しずつ受け入れられるように話してやる事で、一段生きる力がつき大人に近づくのではないでしょうか。
    一番欲しいものは何ですか?それは子どもが世の中でたくましく生きる力なのではないかと思うのです。
    お腹立ちは分かりますが私ならそう考えて行動するかなぁと思いました。批判するつもりはなく、人それぞれで良いかとも思います。もし気分を害されたらごめんなさい。