返信先: 苦しい

  • ひかり

    はじめまして。rさん、心配ですよね。
    見ず知らずの人と会うなんて言われたら、ドキドキして寝れませんよね。
    私もそうでした。うちは今高校3年の息子ですが、高2の秋から不登校になり、ゲーム漬けになり、ゲームで知り合った仲間のオフ会に行くと言い出しました。不登校になって2ヶ月ほど経た頃で、それでも修学旅行には何とか行くと言っていたのですが、その修学旅行の前日のオフ会に行くと言うのです。悩みに悩んで、どうしても行くなら、成人してる兄と同行で…と策を練っていましたが、結局行きませんでした。
    そして、無事修学旅行には行きましたが、それっきり学校へは行きませんでした。
    3年から通信制へ移った今も、毎日仲間と大声で笑ったり怒ったり。私は当初、嫌で嫌で仕方ありませんでした。「学校には貴方を心配してくれる友達がいるのに、ゲーム仲間は貴方のことなんか助けてくれないのよ」と言ったこともありました。でも、今となっては、孤独な息子の支えとなり、救ってくれているのは、ゲーム仲間なのだと思います。それに「そう言う私はどうなの?こうして、ネットで知り合った方から助けてもらったり、救われたりしてるじゃない?現実の友達には相談できないことも、こうして話したり、不登校ママのブログに励まされたりしてるよね?同じじゃないの?」と自分に問いてみました。
    それからは、息子のゲーム仲間との大声の会話もあまり気にならなくなりました。
    「高校卒業したら、こっちに来なよ」と遠方のゲーム友達から言われていると言います。それならそれでもいいかな、と少しは思えるようになりました。
    rさんの息子さんはまだ中学生ですから、そこまでは思えないと思いますが、顔の見えない友達も否定せずにいてあげることと、息子さんを信じてあげてほしいと思います。
    私もまだまだ辛い日が続いていますが、お互い頑張りましょうね。