返信先: テストの重圧

  • pilicapju

    pilicapju

    ももさん、こんばんは。

    お気持ちわかります。
    うちは去年中2の夏休み明けから全く登校しなくなりましたが、それでも2学期は「テストだから行かなきゃ」と一日目は頑張って教室で受けました。二日目は無理でした。
    この時は「学校行ってないけどテスト受けた方がいいよね?」と訊いてきたので「まぁ、そうだねぇ」と応えてました。
    3学期のテストの時も同じように訊いてきましたが、あまりにも辛そうなので、「受けなくてもいいんじゃない?」と言ったら学年末テストは受けませんでした。
    当然、通知表は1が並びました。
    二学期はテストを受けたので、2もまだありましたが、もうここまできたら内申は諦めがついた感じです。

    そして今年3年生、
    学年も変わり本人は心機一転復帰するつもりでいたので、分散登校は日数の半分は出席、
    始業式は意気揚々と出かけました。その後すぐの実力テストも流れで受けました。が、あまりにも急にフルで復帰したので疲れてしまい、不登校逆戻り。

    今は給食も止めて再び充電中です。

    次回のテストが8月後半にあり、友達はもうテスト期間だからLINE止めるなどと言っているらしく、娘も気が向いた時だけ「テス勉始めなきゃ」と、短い時間ですが教科書を開いたりしています。
    受けるつもりの時もあるようです。

    最近は私は何かにつけ「どっちでもいいんじゃない?やりたければやればいいんだし、やりたくなけらばやらなくてもいいんじゃない?」と、なるべくあっけらかんと、そんなに重大なことじゃないって雰囲気で応えてます。

    テスト勉強中、「全っ然わかんないんだけど!何からやったらいいのーっ」とパニックになったら、すぐ答えがわかるところとかいいんじゃない?漢字とか?

    という感じで平然と、半分くらいいちいち彼女に向き合い、半分くらい自分のことしながら深刻な感じにならないようにを心がけてます。

    娘も私も、学校という枠に拘り(未練?)が出てくるとしんどくなるので、新しい心の持ち方に自分を慣らしている最中です。

    息子さん、ももさんのこと、陰ながら応援しています。