返信先: 背中を押すのは余計なこと?

  • 私も、なんだかもやっとしてしまいました。

    学校の提案に。

    タッチ登校、うまくいったら、次の段階の一言コミュニケーションに、そしてそれがうまくいったら、次は、、、、  

    まぁ、段階的にステップアップしていくのは、物事すすめるには一つの方法ですけど

    でも、子供の状態に合わせて、が だーい前提。

    娘さんは、どうやら次のステップにはまだいける状況ではない、と学校に伝えて、娘さんが今はできているタッチ登校 継続 を保護者としてリクエストするのはどうかしら。。。(出席はやっぱり欲しいし)

    不登校って、本当にひとそれぞれ原因も異なるので、本当に個別対応が必要だと実感しています。

    みなさんも実感されていると思いますが、残念なことに、学校側には、それだけの経験も人員も知識もないのが、実情だと思います。 現在はとくにコロナ対策もありますしね

    学校、先生は、よかれと思って、圧をかけてくることがあります。

    正直迷惑。 

    子供の状態を考えずそうしてくる担任より、無関心な担任のほうがありがたいと思ったりもします。

    うちは去年熱血先生で、、、圧がすごくて、気を遣う娘は、自分の気持ちを殺して反応してしまうので、一見親からみたら背中押してくれていいかな?と思ったけど、今思えば?でした

    同時に感じたのは、学校関係者は結局子供とは期限付きの付き合いなんだなと。熱血先生も学年変わったら音沙汰なし。ま、わかってはいましたけどね、、、

    親は一生こどもと付き合います。

    親の判断、感覚がなにより優先でいいんじゃないかなって思ってます。責任とるの親だし。

    投稿者さんは、一生懸命娘さんのことを考えていて、ホント立派だと思いましたよー。

    個人的には、娘についたお地蔵さんになろうって

    不安な時にすぐそこにいる
    必要なときに話を聞いてくれる
    手助けが必要な時に助けてくれる

    娘さん、きっとご自分でいっぱいいっぱいきっと考えてますよね

    日々悩むことだらけですが、応援しています

    私も、余計なことを言わないよう、日々努力したいと思います(笑)

    うちの娘も来週から、出席目標に、給食登校からはじめることになりました。さて、どうなることやら^=^

    エールを送ります