返信先: 醜形障害

  • シュガー

    娘は完璧主義で
    明るく、スポーツも勉強もできすぎるほどでした。

    中学に入り、
    生まれつきの才能に対する劣等感にだんだんと心がいっぱいになっていきました。
    スマホの時代で、自撮りで
    「自分の顔ってこんなんなんだ」と、
    娘のような症状になる子が増えていると聞くのですが、不登校の知り合いでは会ったことはありません。
    不登校の本人が親に容姿の悩みを伝えることが少ないからのようですが、、。

    叫びながら言ってたのは、

    努力しても報われない、
    生まれつき走るのが速い、
    生まれつきかわいい、
    肌が強い(娘は肌が弱い)、
    などなどなど、

    周囲から見れば、羨ましいと思われる娘だったのに自分から落ちていくようです。
    親としてはなぜ、、自分から全てを捨てていくのかと思ってしまいます。
    輝いていたころと比べて人相は変わり、
    容姿のことでずっと鏡をみたりしています。

    においを気にする。
    たぶんそういう悩みの種類と似てるでしょうね。自分でそう思い込んでる。
    私も学生のころは一重に悩んだりしましたが、学校に行けないほどではありませんでした。

    不登校でも、友人関係だったり、体調だったりするのとは違って、
    娘の症状は根深いなと、先が見えずなかなか気持ちが上向きになれません。
    穏やかでマイペースな弟に救われる日々です。

    もっと、ゆっくり育ててあげればよかった、、。
    勉強は今でもやっていて、別室登校ですが学年1位らしいです。
    学力が高い、極度の方向音痴、、
    一人目の子育て、もっと気づけたことがあったのでは、、。

    今は、全日高校の退学が近くなってきたので登校も可の通信を考え中です。