返信先: 醜形障害

  • はじめまして。
    暁と申します。
    お辛そうなお嬢さんをそばで見ているシュガーさん、お辛いですよね。

    醜形恐怖症というのでしょうか。
    もしかしたら「そこまで気にする?」くらいの小さいことを悩んでいるのかな?

    「自分の(見た目)に自信がなく、
    人からの視線が怖く」

    核心はそのあたりですよね。
    自信がなくなったのは、何らかの学習をしてしまったから、だと思いますが
    「自分に非があるのか?周りに非があるのか?」
    若いお嬢さんには客観的判断などできないのでしょう。

    自分から離れていく状態では、お友達もできようがありませんし・・。もっとも、心のエネルギーがない状態では、自分のことで精一杯で、他人を気遣う余裕がないから友達と離れているのかな?教室に入れていない後ろめたさもあるかな?

    お嬢さんには、言えなくて飲み込んだ言葉がたくさんあるんだと思います。
    うまくいかなくて、悔しかったこともあったでしょう。多分、自分で思っているよりもその傷は深いんですよ。
    なのに「これくらいのことで悩んでいる自分はだめ」と思っているかもしれません。

    もしもお嬢さんが話してくれるなら、心の中にたまっていることを聞いてあげるのがいいのかな・・。

    そのときは「聞きっぱなし」でいいんです。
    「そうだったんだ。それは辛かったね、悔しかったね」だけでいいんです。
    解決策を考えたり、教えてあげなくていいんです。

    自分で自分の感情を大切にしてあげる、それが大切だと思います。
    でも自分の感情に気づくのが苦手な人がいますからね。
    「感情は名前がつくことで、はじめて理解できる」と聞いたこともあります。

    聞いてあげるときには「共感」しすぎないように気をつけてくださいね。
    ミイラ取りがミイラになる・・こともありますので。
    お嬢さんの悩みを取り上げないでくださいね。
    お嬢さんが悩んでいるそばでいかに自分を保つか、それが親の課題です。

    私のコメント、的外れな答えでないといいのですが・・。

    時間はかかるかもしれませんが、ここには仲間がたくさんいます。
    一緒にボチボチいきましょう。