返信先: 不登校になってよかったって何ですか?

  • miibou

    miibou

    【不登校になって良かった、、】この言葉の意味が分かりません。

    そうですね、、、この言葉、、

    SEAさん、はじめまして、私には高校三年生(二年生の後半から通信高校へ転校)の息子がいます、
    息子は高校二年生から突然、学校に行けなくなりました

    それまで幼稚園、小学校、中学校、高校一年まで全て皆勤賞、、
    親を悩ませたり困らせたりしたこともなく、、このまま高校も三年間皆勤賞かな、なんて、、、翌年からまさか息子が不登校になるなんて夢にも思っていませんでした、、、
    学校へ毎日いくこと、勉強ができて、毎日机について宿題をすること、部活終わりに仲間とワイワイしてること、、、そんな生活があたりまえであり、普通と思ってました、

    息子が行けなくなってからは、、学校へ登校させることや勉強の遅れ等のことばかりに必死で、、息子の気持ちや身体のだるさより、自分が一番不幸で自分が一番悲しいんだ、、なんで、どうして、と泣いて泣いて、、、息子のほうがもっと辛いということを理解し受け止めてあげられてなかった母親でした、、
    でも、時間と共に、息子の気持ちを理解し息子の苦しさを少しずつ理解できてからは、、息子と毎日一緒に過ごす時間のなかで、、私自身のことも見つめ直せる時間になったように思います
    ふと、もしあのまま無理やり学校へ行かそうとしていたら、、息子はますます起きれなくなり固まっていたのでは、、と。そして、息子とこうゆう穏やかな時間を過ごせてなかったかもしれない、、、お互いピリピリぶつかりあって、、、もっと息子は体を壊していたかもしれない、、、そんな時に、あぁもしかしたら、息子には今、不登校という時間が、毎日眠り続けていても、ゆっくりゆるるんという時間が、良かったのかもしれない、、(表現が間違っているかもしれませんが)そんな風に思ったことがあります。

    そう思えるまでずいぶん泣きました、今も時々涙でるとき、あります、、
    もちろん、学校へ通えること、それができていたら、こんな風には思わなかったと思います

    不登校になって良かったとは思いませんが、、不登校になってからの時間は、私にとって本当の意味で息子とむきあえるようになった大切な時間となったのは確かです、

    私も息子が不登校初期のころは、全てがきれい事に聞こえ、、誰もわかってくれない、
    なんにも、わかってない、そう思って毎日泣いてました、、
    だから、、、SEAさんの文面が目にとまり、、、
    SEAさんの、、言葉の
    『心が張り裂けそうです。』、、、すごく、わかります、、、

    私は同じ経験をされたある方に出会ってお話を聞いていただいた時、、、はじめて、、独りで苦しんでいたこと、、いろんな感情が解き放たれました、、、

    実際私もまだまだ、、辛いときあります、、、でも、、同じ経験された方、また私みたくまだ不登校進行形も含め、、みんな同じ思い、同じ気持ちのように思います。

    ここにこうやってSEAさんがはきだしてくださったおかげで、、私もコメントできましたから(о´∀`о)